上野のパンダ出産で東天紅がストップ高に

約10年ぶり高値水準

 6月12日、東京都内にある上野動物園は、ジャイアントパンダのメス「シンシン」が同日に出産したと発表した。東京株式市場では、同施設の近辺に店を構える銘柄に対し集客の伸びを期待した買い注文が入っている。写真はシンシンを取材する報道陣。先月19日、上野動物園で撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] - 12日の東京株式市場で東天紅<8181.T>が一時、前営業日比38%急騰しストップ高。2007年7月以来9年11カ月ぶりの高値水準を付けた。精養軒<9734.T>も急反発し、2014年3月以来3年3カ月ぶりの高値となった。

東京都内にある上野動物園は12日、ジャイアントパンダのメス「シンシン」が同日に出産したと発表した。同施設の近辺に店を構える両銘柄に対し集客の伸びを期待した買い注文が入っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。