中国福建省の「世界最高齢パンダ」が37歳に

人間なら、なんと140歳の超高齢

 1月18日、中国福建省の福州パンダ研究センターで飼育されているメスのジャイアントパンダ「バス」が37歳の誕生日を迎えた。飼育されているパンダとしては世界最高齢。提供写真(2017年 ロイター /China Daily)

[北京 18日 ロイター] - 中国福建省の福州パンダ研究センターで18日、飼育されているメスのジャイアントパンダ「バス」が37歳の誕生日を迎えた。飼育されているパンダとしては世界最高齢で、人間の年齢だと140歳に相当するという。

バスはプレゼントされた王冠を付け、特製のバースデー・ケーキで祝うイベントが開かれた。

国営テレビCCTVによると、バスは血圧が高く数年前に白内障の手術を受けたが、総じて健康だという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。