中国福建省の「世界最高齢パンダ」が37歳に

人間なら、なんと140歳の超高齢

 1月18日、中国福建省の福州パンダ研究センターで飼育されているメスのジャイアントパンダ「バス」が37歳の誕生日を迎えた。飼育されているパンダとしては世界最高齢。提供写真(2017年 ロイター /China Daily)

[北京 18日 ロイター] - 中国福建省の福州パンダ研究センターで18日、飼育されているメスのジャイアントパンダ「バス」が37歳の誕生日を迎えた。飼育されているパンダとしては世界最高齢で、人間の年齢だと140歳に相当するという。

バスはプレゼントされた王冠を付け、特製のバースデー・ケーキで祝うイベントが開かれた。

国営テレビCCTVによると、バスは血圧が高く数年前に白内障の手術を受けたが、総じて健康だという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。