中国福建省の「世界最高齢パンダ」が37歳に

人間なら、なんと140歳の超高齢

 1月18日、中国福建省の福州パンダ研究センターで飼育されているメスのジャイアントパンダ「バス」が37歳の誕生日を迎えた。飼育されているパンダとしては世界最高齢。提供写真(2017年 ロイター /China Daily)

[北京 18日 ロイター] - 中国福建省の福州パンダ研究センターで18日、飼育されているメスのジャイアントパンダ「バス」が37歳の誕生日を迎えた。飼育されているパンダとしては世界最高齢で、人間の年齢だと140歳に相当するという。

バスはプレゼントされた王冠を付け、特製のバースデー・ケーキで祝うイベントが開かれた。

国営テレビCCTVによると、バスは血圧が高く数年前に白内障の手術を受けたが、総じて健康だという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。