ウィーンの双子パンダ、生後7カ月で初木登り

外での新しい体験に好奇心いっぱい

 2月28日、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で27日、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が初めて飼育されているパンダ舎の外に出て遊んだ。27日撮影で28日公表の提供写真(2017年 ロイター/Schoenbrunn Zoo/Norbert Potensky)

[28日 ロイター] - オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で27日、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が初めて飼育されているパンダ舎の外に出て遊んだ。

動物園によると、お母さんパンダの「ヤン・ヤン」と一緒に外に出て、木に登ったりした。2頭は新しい体験に好奇心いっぱいの様子で、臆することなく歩き回ったという。

3時間ほど遊んだところで、飼育係がパンダ舎の中に連れ戻した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?