ウィーンの双子パンダ、生後7カ月で初木登り

外での新しい体験に好奇心いっぱい

 2月28日、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で27日、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が初めて飼育されているパンダ舎の外に出て遊んだ。27日撮影で28日公表の提供写真(2017年 ロイター/Schoenbrunn Zoo/Norbert Potensky)

[28日 ロイター] - オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で27日、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が初めて飼育されているパンダ舎の外に出て遊んだ。

動物園によると、お母さんパンダの「ヤン・ヤン」と一緒に外に出て、木に登ったりした。2頭は新しい体験に好奇心いっぱいの様子で、臆することなく歩き回ったという。

3時間ほど遊んだところで、飼育係がパンダ舎の中に連れ戻した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT