ウィーンの双子パンダ、生後7カ月で初木登り

外での新しい体験に好奇心いっぱい

 2月28日、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で27日、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が初めて飼育されているパンダ舎の外に出て遊んだ。27日撮影で28日公表の提供写真(2017年 ロイター/Schoenbrunn Zoo/Norbert Potensky)

[28日 ロイター] - オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で27日、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が初めて飼育されているパンダ舎の外に出て遊んだ。

動物園によると、お母さんパンダの「ヤン・ヤン」と一緒に外に出て、木に登ったりした。2頭は新しい体験に好奇心いっぱいの様子で、臆することなく歩き回ったという。

3時間ほど遊んだところで、飼育係がパンダ舎の中に連れ戻した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT