中国動物園に男が侵入、パンダともみ合いに

眠っていたパンダが起き上がって反撃

 10月30日、中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。写真のパンダは4月にスコットランドの動物園で撮影(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[30日 ロイター] - 中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。地面に押し倒された男はしばらくパンダともみ合ったあと、命からがら柵から外に逃げだした。

ビデオは27日撮影されたもので、男は最初、手を振りながらパンダに近寄っていき、パンダの頭に触ったりしていた。

パンダは12歳のオスで、体重120キロを超える。動物園によると、動物園から逃げた男は、見つかっていない。パンダも人も負傷はなかったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。