中国動物園に男が侵入、パンダともみ合いに

眠っていたパンダが起き上がって反撃

 10月30日、中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。写真のパンダは4月にスコットランドの動物園で撮影(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[30日 ロイター] - 中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。地面に押し倒された男はしばらくパンダともみ合ったあと、命からがら柵から外に逃げだした。

ビデオは27日撮影されたもので、男は最初、手を振りながらパンダに近寄っていき、パンダの頭に触ったりしていた。

パンダは12歳のオスで、体重120キロを超える。動物園によると、動物園から逃げた男は、見つかっていない。パンダも人も負傷はなかったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。