中国動物園に男が侵入、パンダともみ合いに

眠っていたパンダが起き上がって反撃

 10月30日、中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。写真のパンダは4月にスコットランドの動物園で撮影(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[30日 ロイター] - 中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。地面に押し倒された男はしばらくパンダともみ合ったあと、命からがら柵から外に逃げだした。

ビデオは27日撮影されたもので、男は最初、手を振りながらパンダに近寄っていき、パンダの頭に触ったりしていた。

パンダは12歳のオスで、体重120キロを超える。動物園によると、動物園から逃げた男は、見つかっていない。パンダも人も負傷はなかったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT