中国動物園に男が侵入、パンダともみ合いに

眠っていたパンダが起き上がって反撃

 10月30日、中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。写真のパンダは4月にスコットランドの動物園で撮影(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[30日 ロイター] - 中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。地面に押し倒された男はしばらくパンダともみ合ったあと、命からがら柵から外に逃げだした。

ビデオは27日撮影されたもので、男は最初、手を振りながらパンダに近寄っていき、パンダの頭に触ったりしていた。

パンダは12歳のオスで、体重120キロを超える。動物園によると、動物園から逃げた男は、見つかっていない。パンダも人も負傷はなかったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。