中国動物園に男が侵入、パンダともみ合いに

眠っていたパンダが起き上がって反撃

 10月30日、中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。写真のパンダは4月にスコットランドの動物園で撮影(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[30日 ロイター] - 中国国営メディアが放映したビデオによると、江西省南昌の動物園で、パンダの柵に男が侵入したところ、眠っていたパンダが起き上がって反撃した。地面に押し倒された男はしばらくパンダともみ合ったあと、命からがら柵から外に逃げだした。

ビデオは27日撮影されたもので、男は最初、手を振りながらパンダに近寄っていき、パンダの頭に触ったりしていた。

パンダは12歳のオスで、体重120キロを超える。動物園によると、動物園から逃げた男は、見つかっていない。パンダも人も負傷はなかったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT