世界最高齢「38歳の飼育パンダ」が安楽死

急速に体調悪化、苦痛を長引かせないため

 10月17日、飼育されているジャイアントパンダとしては世界最高齢の38歳だった「佳佳(ジアジア)」が、健康状態が急速に悪化したため、安楽死の処置を受けた。飼育していた香港のテーマパーク「海洋公園」が16日明らかにした。写真は昨年7月撮影で36歳の時の佳佳(2016年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 17日 ロイター] - 飼育されているジャイアントパンダとしては世界最高齢の38歳だった「佳佳(ジアジア)」が、健康状態が急速に悪化したため、安楽死の処置を受けた。飼育していた香港のテーマパーク「海洋公園」が16日明らかにした。

佳佳は1999年、英国からの香港返還2周年を記念し、別の1頭とともに香港に贈呈された。

ここ数週間で、1日の食糧摂取量が10キロ超から3キロ以下に減少、平均体重が約71キロから67キロに減少していた。

海洋公園はウェブサイトに声明を発表し「佳佳は歩行困難になり、終日横になって過ごす状態となった。倫理的理由と苦痛を長引かせないとの視点から、獣医師らが安楽死処分を行うことで合意した」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT