世界最高齢「38歳の飼育パンダ」が安楽死

急速に体調悪化、苦痛を長引かせないため

 10月17日、飼育されているジャイアントパンダとしては世界最高齢の38歳だった「佳佳(ジアジア)」が、健康状態が急速に悪化したため、安楽死の処置を受けた。飼育していた香港のテーマパーク「海洋公園」が16日明らかにした。写真は昨年7月撮影で36歳の時の佳佳(2016年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 17日 ロイター] - 飼育されているジャイアントパンダとしては世界最高齢の38歳だった「佳佳(ジアジア)」が、健康状態が急速に悪化したため、安楽死の処置を受けた。飼育していた香港のテーマパーク「海洋公園」が16日明らかにした。

佳佳は1999年、英国からの香港返還2周年を記念し、別の1頭とともに香港に贈呈された。

ここ数週間で、1日の食糧摂取量が10キロ超から3キロ以下に減少、平均体重が約71キロから67キロに減少していた。

海洋公園はウェブサイトに声明を発表し「佳佳は歩行困難になり、終日横になって過ごす状態となった。倫理的理由と苦痛を長引かせないとの視点から、獣医師らが安楽死処分を行うことで合意した」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT