中国・成都で今年初めて「双子パンダ」が誕生

「極めて健康」

6月20日、中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で今年初となる双子のパンダが生まれた。(2016年 ロイター/China Daily)

[22日 ロイター] - 中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で20日、今年初となる双子のパンダが母親のヤーリーから生まれた。体重はそれぞれ144グラムと113グラム。名前はまだないが、ともに雌で健康だという。

中央電視台(CCTV)によると、2頭は保育器に入れられ、食事の時だけ外に出されるという。

飼育係は「2頭とも極めて健康で、鳴き声もはっきりしている。毛の状態も体の状態も極めて良好」と語った。

パンダは飼育下での繁殖が難しいが、これまでの経験から近年は誕生数が増え、同研究基地では昨年7頭が誕生した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。