中国・成都で今年初めて「双子パンダ」が誕生

「極めて健康」

6月20日、中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で今年初となる双子のパンダが生まれた。(2016年 ロイター/China Daily)

[22日 ロイター] - 中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で20日、今年初となる双子のパンダが母親のヤーリーから生まれた。体重はそれぞれ144グラムと113グラム。名前はまだないが、ともに雌で健康だという。

中央電視台(CCTV)によると、2頭は保育器に入れられ、食事の時だけ外に出されるという。

飼育係は「2頭とも極めて健康で、鳴き声もはっきりしている。毛の状態も体の状態も極めて良好」と語った。

パンダは飼育下での繁殖が難しいが、これまでの経験から近年は誕生数が増え、同研究基地では昨年7頭が誕生した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT