「脳」の真実をどれだけ知っていますか

「10%しか使われていない」は迷信だ

21. 脳全体の神経細胞から出ている軸索や樹状突起をすべてつなげると、100万kmもの長さになる

22. シナプスは細胞ひとつにつき100個から10万個、平均して1万個ほど存在しているといわれる

23. 脳には神経細胞のほかに「グリア細胞」があり、神経細胞に栄養を運ぶなどの役割をもつ。その数は神経細胞の10倍以上

24. 米国の科学雑誌『サイエンティフィック・アメリカン』は、脳のメモリの記憶容量は2.5ペタバイト(1ペタバイト=100万ギガバイト)あると推測している

25. 脳の消費電力は約20ワット(薄暗い電球程度)。これはスーパーコンピュータの約5万分の1

26. 脳の活動のエネルギー源はブドウ糖

27. エネルギー源のブドウ糖を体にグリコーゲンとして蓄えておけるのは約8時間

28. 脳で消費されるエネルギーは成人男子で1日約500kcal。体全体の消費エネルギーの20%にあたる

29. 脳には体全体に流れる血液量の約15%が運ばれ、全身の酸素量の約20%を消費している

30. 人間の脳の質量は体重の2%程度

脳の重さ

31. 脳の重さは成人男性1350~1500g、女性1200~1250g

32. 歴史上の偉人のなかでも脳が重かった人物としてツルゲーネフ(2012g)、クロムウェル(2000g)、ビスマルク(1807g)などがあげられる。大きさに相当する

33. アインシュタインの脳は1230gで成人男性の平均よりも少ない

34. 日本人の偉人では、桂太郎は1600g、内村鑑三は1470g、夏目漱石は1425g

35. ゾウの脳の重さは約4700g。マッコウクジラの脳は9000gほどもある

36. 動物知性の指標として、全体重のうち脳の重さが占める割合を示す数値を「脳化指数」という

37. 脳化指数は、ヒト0.89、イルカ0.64、チンパンジー0.3、ゾウ0.22、カラス0.16、イヌ0.14、ネコ0.12

38. 「人間の脳は10%しか使われていない」という説は迷信。脳は常にフル活動している

39. 昆虫や甲殻類などの無脊椎動物は脳を持っていない

40. 脊椎動物の脳は、どの生物でも基本構造は脳幹、小脳、大脳で同じ。違うのはそれぞれの大きさである

次ページ魚類、爬虫類、両生類の脳は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。