日本人が「黙って忖度」ばかりする根本原因

ハイコンテクスト文化には落とし穴がある

つまり、言葉にしなくても通じてきたがために、言語化し、はっきりとしたメッセージで伝える力が弱く、上司が部下を「しかる力」もなく、両者に距離感があり、合意を重んじるがために迅速性に欠け、「見解の相違」が発生したときの正しい対処の仕方もわからない、といったようなことである。

コミュ力は「生きる力」そのもの

通算7年ほど海外で暮らした筆者だが、さまざまな先進国と比べても、日本は本当に「いい国」である。治安がよく、クリーンで、自然は豊か。食事はおいしく、教育は比較的安価でしっかりしている。医療は充実しており、アメリカなどと比べれば信じられないほどの低料金だ。人々は礼儀正しく、親切で正直。ドラッグや銃などといった問題も圧倒的に少ない。しかし、この国の人々の幸福度は極めて低く孤独で、多くの働き手は仕事に愛着もやりがいも覚えていない。そして、絶望的に未来を悲観している。労働環境や貧困、長引く経済停滞などさまざまな外因はあるが、大きな要因の1つとして見逃してはならないのが、「コミュニティ」と「コミュニケーション」の問題であると考えている。

過疎化などにより、地域社会が崩壊していく中、人々がよりどころにできるコミュニティを見つけにくくなっている。海外では宗教やNGO、NPO活動などに居場所を求める人も多いが、日本では、「家庭」や「職場」以外の「サードプレース」はあまり見当たらない。人は人とのかかわりの中で生きていく社会的動物、ソーシャルアニマルである。そのかかわり合いのゆりかごとなるコミュニティの欠落は孤独感、喪失感につながっている。

そして、長年の「非言語」文化により、使わない筋肉がこそげるように落ち、退化してしまった日本人の「コミュニケーション力」。コミュニケーションとは人と人とを結び付ける強力な糸であり、身体に命を巡らせる血液のようなもの、つまりコミュ力はまさに「生きる力」そのものである。「忖度」の名のもとに、血を通わせる努力を怠ってきたわけだが、伝家の宝刀のごとく、従来のやり方を堅守しなければならないものではないし、良い部分は残しながらも進化させていくべきものであろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT