池上彰・佐藤優は、「読む本」をどう選ぶのか

2人の「知の源泉」を一挙公開、その秘訣は?

佐藤:私は、実際に本を選ぶとき、「帯の情報」を非常に重視しています。それは、ほとんどの場合、帯の情報は、本のつくり手である編集者が書いているからです。

本の実力は「帯」と「本の真ん中あたり」に出る

【本の選び方5】帯のコピーから編集者の力量を量る

佐藤優秀な編集者ほど、帯に「どんな情報」「どんなキャッチコピー」を入れるかに心血を注ぎます。だから結果として、帯に力が入っている本は、それだけ編集者が力を入れている本のことが多いんです。

池上:なるほど。「帯」を見れば、その本を担当している編集者の力量から本にかける熱意までわかる、というわけですね。確かに最近は、捨ててしまうのがためらわれるような、凝った帯をつけた本も増えていますよね。帯に書かれた言葉で、店頭でふと目を留めることもあります。

佐藤:先ほども言いましたが、一部のネット書店では、表紙画像に帯がついていないことがあります。その点でも、実際に、リアル書店に足を運び、本を見ることの意義は大きいと思います。

【本の選び方6】「真ん中あたりのページ」で本の実力を見極める

佐藤:そしてもうひとつ、本のレベルを簡単に見極める方法があります。最初に、本の「真ん中あたり」を開いて、そこを少し読んでみるんです。

池上:いきなり本の「真ん中」を開くんですか?

佐藤:はい。というのも、本の「冒頭」と「末尾」は、著者と編集者が「売る」ために一生懸命、力を入れてつくります。でも、「真ん中あたり」になると、書き手も編集者も緊張と集中力が続かずに、中だるみしがちです。つまり、「その本のいちばん弱い真ん中の部分」を拾い読みすることで、本全体の水準を推察できるわけなんですね。

次ページそして「最大のコツ」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT