池上彰・佐藤優は、「読む本」をどう選ぶのか

2人の「知の源泉」を一挙公開、その秘訣は?

佐藤:最後に、本を選ぶ、いちばん重要なコツは、「時間と財布が許す範囲で、とにかく本をたくさん買う」ことです。

【本の選び方7】「迷ったら買う」を原則に、できるだけ多く本を買う

池上:まったくの同感です。私も、店頭で本の題名や帯のコピーを見て、知りたいテーマの目に留まった関連本を、とにかく片っ端から買っていくやり方です。

佐藤:私も「迷ったら買う」を原則にしています。人間は「ケチ」な動物なので、本を買うと、「元を取ろう」として一生懸命に読むようになります。それによって、知識の吸収率も高くなる。誰でも「おカネがもったいない」という気持ちはありますが、それを逆手に取って、知力の向上につなげるわけです。

池上:そのとおりですね。いい本に出合うためのコツはただひとつ、「本をたくさん買うこと」ですから。全体としては類書と同じようなことが書いてあっても、ところどころに新しい情報や目新しい意見が書かれていることもあります。そういう本に出合うのは喜びでもありますよね。

「本の情報は安い」ことを知る

佐藤:たくさん買えば、なかにはハズレの本もあります。それでも本から得られる情報は「安い」ですからね。どの分野の本でも、1冊に書かれているのと同じだけの情報を人から得ようと思ったら、食事代や謝礼など、本代の何倍も費用がかかります。

池上:セミナーや講演会でも、何千円かの受講料を払って90分の話を聞いても、その情報を本のページ数に換算すると大したことはありません。

佐藤:アメリカの大学院に留学するには1000万円以上の費用がかかりますが、そこで使われているテキストだったら、数千円で買うことができます。「本の費用対効果は非常に高い」ことを、もっと多くの人に認識してほしいですね。

池上:いい本を見つけて基礎知識をしっかり身に付ければ、新聞などでニュースを見たときにも、因果関係がすぐに理解できるようになります。基礎がわかるまでが大変ですが、それをやっておくかどうかで、あとあと大きな違いが出てきます。「急がば回れ」で、しっかり本を読んでほしいですね。

佐藤:基礎知識を身に付けることは、実はいちばん難しく、しかし大切なことでもあります。でも、基礎知識があるからこそ、難しい本を読みこなせたり、速読で大量の本を読みこなすこともできます。私たちの「本の読み方」「本の選び方」を参考にしつつ、「土台となる基礎知識」をいっきに身に付けてほしいですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT