30~40代が大学生に指南する「人生の転び方」

立派に見える大人も恥ずかしい黒歴史はある

常見:Fコードが弾けなくてしまってしまったギターね。学園祭のときに調子に乗って金髪にしてしまった写真とか。背伸びして買った高い服とか。黒歴史をもっと出すと。

大人は成功体験だけじゃなくて、しくじりも見せよう

「何度コケても大丈夫なんだ!」ってことの証拠

清田:町田康に影響された文体で書いたエッセーだったり。

常見:村上春樹調で書いた未発表の小説だったり。そういうの、あるじゃん。それを出すとみんな勇気をもらえますよ。

トミヤマ:あるある、私も死ぬほどあります(笑)。

清田:それを大人が出していくと若い人は勇気をもらいますよね。「何度コケても大丈夫なんだ!」ってことの証拠なわけで。「今メディアで活躍している常見さんにも、同じような時期があったんだ」って知るだけで、ちょっと不安が緩和される気がします。

トミヤマ:「へえ、かっこ悪い過去があっても、こんな感じに仕上がるんだ」って思えるのは、希望ですよ。ちょいダサの過去を見せたほうが教育的効果は高いと思います。今のスペックじゃなく「伸び率」をみてほしい!

常見:大人は成功体験だけじゃなくて、しくじりも見せよう! ということですね。 ぼくも自分がビジュアル系のボーカルだった頃の写真を引っ張り出したいと思います。ありがとうございました!

(構成:山本ぽてと)

いつも不思議に思う瞬間がある。『週刊東洋経済』など、ビジネス雑誌の大学特集の号は誰が買っているのだろうという問題だ。いつも売れ行き好調だそうだ。別に大学進学を控えた高校生の親だけが買っているわけではない。愛校心から買っている層もいるだろう。私はきっと大学や大学生に関して皆、何か言いたいからだろうと解釈している。この本や、その基となったウェブ連載も読者のほとんどが大学生以外だったそうだ。

大学や学生について何か言いたくなる気持ちはわかるが、まず現状を理解しなくてはならない。理解を深めたうえで、大人としてどんなアドバイスができるのかを考えたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT