スタバのバリスタ、なぜ「豆」を売る

カフェ市場成熟でも「原点」教育で生き残る

絶好調のスタバに死角はないのか。ブラックエプロンの保持者で、経営戦略を統括する、戦略・ファイナンス統括オフィサーの北川徹氏も、「2ケタに近い既存店売上高の伸びは、決して実力値ではない」と危機感さえ見せる。

成熟進むカフェ市場、生き残りのカギは

スタバは今後、都内ではより小型の店舗で、郊外ではドライブスルー付きの大型店で出店を進めていく方針だ。この4月には、初めてアルコールを提供する新業態の店舗を住宅地へ実験的に出すなど、新たな出店余地を模索している。

街中にあるスタバの店舗を訪れてみると、店内では急激な客数増に対応しきれず、満席を理由に入店を断るケースも散見される。ある意味では売り逃しが常態化しており、顧客の離反につながりかねない状況ともいえる。

さらにスタバが今後の成長のドライバーと見込む郊外にはすでに、名古屋発祥のコメダ珈琲店が500店舗超を布陣しているほか、ファミレス各社やマクドナルドもコーヒーの商品性改善や居心地よい内装への改装などを通じて、カフェ需要の取り込みに注力している。低価格で買えるセルフ式ドリップコーヒーなどを本格化し始めたコンビニエンスストアも手強い競争相手だ。

スタバは成熟市場の中でさらに成長が可能なのか。原点であるコーヒー豆への熱意にこだわり続けることが、その解法の一つになるのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT