結婚式の「外国人神父」知られざる驚愕の真実

「司祭」と「牧師」の何が違うか知っていますか

大将:だから先生、さっきも言ったけど、結婚式に対する女子の夢に口出しするのは、地雷源にはだしで踏み込むようなもんですって。

島田:うーん、それは怖い。じゃあ、地雷撤去できるような話をしましょう。実は、日本には宗教による結婚式がなかったんです。

ハナ:何それ!? 先生、お得意の「なかった」話でごまかしちゃダメです。

結婚で宗教的な儀式を行うようになったのは…

島田:いえ、ごまかしじゃなく事実なんですって。少なくとも明治時代まで、宗教は結婚にかかわっていません。明治以降も、結婚で宗教的な儀式を行うのはキリスト教に改宗した人ぐらいでした。

なぜかというと、当時の日本の結婚は純粋に家同士の結びつきだったんですよ。家の格を合わせて見合いがセッティングされ、会ったことがない人と結婚することもざらでした。戦前までは戸主が非常に大きな権限を持っていて、家族の結婚は戸主が認めないとできませんでしたしね。そういう時代ですから、結婚は基本的に家の行事なんです。両家の関係者が集まって、自宅や料亭でお披露目をするかたちが一般的でした。

翔太:それって披露宴ですよね。その前に、神さまに誓う式とかはしなかったんですか?

島田:単に「今日から両家は姻戚関係です」と披露すれば十分なので、宗教的な儀式は不要なんですよ。

翔太:んー? それがなんで、今はキリスト教式、あっと、キリスト教風の結婚式をするようになったんです?

島田:キリスト教風の結婚式が一般化するのは、戦後です。なぜかというと、憲法が変わったから。

翔太:は、憲法?

ハナ:先生、変化球で来ましたね……。

島田:いや、ホントにそうなんです。新しい憲法の第24条では、「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」すると明記されました。つまり結婚というものが、家と家とのつながりから、結婚する男女の意思によるものへと根本的に変わったわけです。それで、家のくびきがなくなったのはいいけれども、自分たちの意思だけで婚姻を成立させろと言われても、どうでしょうハナさん、ちょっと心細くないですか。

ハナ:あー、そうかもしれませんね。

次ページ誓う相手は、超越的存在であるほうが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。