首都圏にもこんなにあった!「学校名の駅」

実は「学校が存在しない駅」もある

現在はどちらも大学最寄り駅ではなくなった両駅だが、それでも学芸大学、都立大学という駅名を使い続けるのは不自然であろう。地元では、学校名というよりは地名として定着し、支店名、マンション名などに使われ続けているので、現状を肯定する声が強いようだ。過去に駅名変更の可否を問うアンケートも行われたが、改称への賛成が3分の2以上という基準に満たなかったそうである。

しかし、遠方からやってくる受験生はまごつくだろうし、都立大学に至ってはまったく過去のものであるから、そろそろ駅名を変更してもいいのにと思う。

「大泉学園」という学校はどこに?

7)不思議な学校名ばかりの西武線

西武線にも不思議な学校名の駅が複数ある。まずは、西武新宿線の都立家政駅(東京都中野区)。かつて存在した東京都立中野高等家政女学校の最寄り駅だったが、1950年に校名が都立鷺宮高校に変更となった。そこで、西武鉄道から地元に駅名変更の打診があったのだが、家政銀座商店街という名称を使っていた商店会が反対したため、そのままになり現在に至っている。学校の文字が駅名に入っていないので、もはや校名とは知らず、不思議な地名だと思っている人も多いのではないだろうか?

学校は存在しない「大泉学園」駅(筆者撮影)

また、西武池袋線にある大泉学園駅(東京都練馬区)周辺には、大泉学園などという学校はない。一時、都立大泉学園高校が存在したが、これは付近の大泉学園町という地名にちなんで1980年に設立された高校で、2005年に閉校している。

「大泉学園」とは、西武が学園都市構想のもとにつくった高級住宅街だった。だが、肝心の大学誘致に失敗してしまい、住宅地としては発展したものの学校は存在しないままだ。一説では、現在の一橋大学移転を狙っていたらしい。

実は2駅を統合して生まれた「一橋学園」駅(筆者撮影)

その一橋大学は国立に移転し、本部とは別に小平にもキャンパスがある。その最寄り駅が西武多摩湖線の一橋学園駅(東京都小平市)だ。なぜ一橋大学駅ではないのか?と不思議に思えるが、実はかつては現在の駅の南に一橋大学駅があり、北には小平学園という名の駅が存在した。2つの駅の距離は極めて短かったため統合することになり、一橋大学駅の「一橋」と小平学園駅の「学園」を取って一橋学園駅を設置したのである。

ちなみに、小平学園というのも大泉学園と同様、実在の学校名ではなく、学園都市構想のもとに造られた住宅街であった。

次ページ医大は偉大なり?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT