説明下手な人に足りない「たった1つの動き」

デジタル全盛の今だからこそ覚えておきたい

そんなときこそ「指をさして説明する」という単純な動作によって、自然と自分の説明に集中してもらえるようにすればよいのです。

先ほどホワイトボードのケースで説明したとおり、指さしによって、人の視線は必ず指をさした先に向かいます。

すると、視線だけでなく、意識もその先に向くことになります。結果、そこに示されている内容に集中できるようになるため、こちらの説明が短時間で理解してもらいやすくなるのです。

これが「視線のマネジメント」というキーワードの種明かしです。「指さし」によって相手の視線を誘導し、自分の説明を聞いてもらいやすくなるよう、チューニングしていくのです。

「ペーパーレス」が犠牲にしているコミュニケーションの本質

ところで、この「指さし」動作を実践するためには、ある大切な前提があります。「指をさした先に、視線を向けるべき『何か』がなければならない」、すなわち「口頭だけのコミュニケーションでは、指がさせない」ということです。

逆に、資料があれば、そこに視線を向けさせるだけで、説明する内容に集中してもらうことが可能です。

『「いまの説明、わかりやすいね!」と言われるコツ』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ペーパーレスかつデジタル化が推奨されている現在において、私は機会があるごとに「紙の資料を用意して、それを相手に見せながら伝える」方法をおすすめしています。

なぜなら、パソコンやタブレット端末の画面と比べ、紙のほうが受け手の理解力や集中力が高まるだけでなく、先ほど紹介した「指さし」で視線を資料に集中させることで、こちらの説明を理解してもらいやすくなるからです。

「紙で見せて、指をさしながら伝える」

20年前のビジネス環境だったら、こんなアドバイスに何の価値もなかったと思いますが、デジタル機器の普及が著しい現在だからこそ、これは立派な処方箋になりうるのです。

ペーパーレスは決して、「ペーパーゼロ」を意味するものではないはずです。効率化の傍らで「見せて伝える」という手段をもがれた、現代のビジネスパーソンたちに生じている膨大なコミュニケーションロス。紙の資料を用意し、見せて「指さし」することで伝わり方は大きく違ってきます。時々「指示棒でもいいですか」「ペンでもいいですか」といった質問を受けますが、もちろんどちらでもかまいません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT