決定版!美容師が教える「正しい髪の洗い方」

洗髪前の「お手入れ」も重要だ

どうやって髪を洗えばいいの?(写真:tomos / PIXTA)

毎日、多くの人が食事をするのと同じくらいフツーにやっている洗髪。まさに目をつぶっていてもできることで、髪の洗い方がわからない人なんているの?――そう思う人は多いだろう。

ところが世界的なカラーリスト、クリストフ・ロバンのパリのサロンでは違うらしい。「『どうやって髪を洗えばいいの?』は、いまサロンで最もよく聞かれる質問だ」と、ロバンは言う。確かにメディアや美容院は、「最近の女性は髪を洗いすぎだ」と言ったかと思えば、「ちゃんと洗えていない」と言ったりする。

「あまりにも多くのヘアプロダクトがあふれていることも、女性たちを混乱させている」と、ロバンは言う。顧客リストにカトリーヌ・ドヌーブやティルダ・スウィントンといった大女優がずらりと並ぶロバンは、サロン経営のほかに独自のヘアプロダクトも販売している。「それにみんなとても急いで髪を洗っている。でも、時間をかけて、すべてをきちんと洗い流すことが重要だ」。

そこでロバンに「正しい髪の洗い方」を教えてもらうことにした。スタイリング剤を使わずに、つやつやでボリュームのある髪型にするコツも教えてもらった。

シャンプーはスプーン1杯で十分

<ステップ1> 上質なブラシで髪をとかす

シャンプーをする前に髪をとかす。ポイントは、毛先をとかしてから全体をブラッシングすることだ。「髪をとかしてから洗うと、あとで濡れた髪をとかす必要がない」と、ロバンは言う。「濡れた髪をとかすのは絶対にやめたほうがいい。髪にとても大きなストレスをかけることになるからね」。

<ステップ2> 毛先にオイルをなじませる

シャンプーはまだ。乾いた髪の毛先に、植物由来のオイルをつけてなじませる。ロバンは自分のブランドの、ラベンダーのモイスチャー・ライジング・オイル(44ドル)を使う。でも、ピュア・アーモンド・オイルや、アルガンオイルもお勧めだという。

理想は、オイルをなじませた髪を一晩おくこと。それが無理でも、15分おくだけで髪をしっとりさせる効果がある。そうすればコンディショナーはしなくていい。「個人的に、コンディショナーは髪を重たくしてしまうから、あまり好きじゃない」とロバンは言う。

次ページほとんどの女性はシャンプーをつけすぎだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。