歴史を知識自慢で終わらせないための心得

「歴史が得意」には3つのパターンがある

以来、社長は「ワンマン」の重荷を肩から下ろすことができて、随分と楽になり、物事がうまく進むようになったらしい。彼にとっては『貞観政要』に記されている世界が自分の身の回りに起こっていることと同じだったのだろう。「古い中国の王朝(1400年前)の人間模様と今日の会社の人間模様は何ひとつ変わらない」と述べていたのが印象的だった。

この若い社長が歴史を「分析型」で生かすことができた理由は、悩み苦しんでいた自分の立場と太宗の立場が重なり、『貞観政要』の教訓が骨身にしみたからだろう。苦悩が彼を「分析型」に導いたといえる。

歴史で、判断力を磨く努力はムダではない

「歴史と現実とは違う」とか「歴史は使いモノにならない」といった反論をされることは多い。先述したように、歴史の知識を得ることは簡単なことだが、それを現在の実生活や未来の予想に実際に応用するということは、歴史研究とは次元の違う高度な能力を要求される。

たとえば、戦争史に詳しい人がすべて、有能な将軍になれるわけではない。過去の戦争のパターンを熟知しているからといって、戦場で正しい判断をいつも下せるとは限らない。同様に、政治史研究家が有能な政治家になれるわけでもない。

しかし、歴史はわれわれに判断をするための材料を与えてくれる。歴史を知り、現状を分析しようとする努力が無駄ではないということは、多くの方に納得していただけるのではないか。

「少しずつ」ということを強調しておきたい。われわれのような凡人は歴史上の偉人たちが下した天才的な判断を、一足飛びにできるようにはならない。地道な繰り返しの中から、自分で思考・判断する習慣は身に付いていくはずだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT