ユナイテッド、結婚式へ行く2人組を降ろす

コスタリカに向かおうとしたが…

 4月16日、米ユナイテッド航空でテキサス州ヒューストンから結婚式のためにコスタリカに向かおうとしたカップルが15日、連邦保安官によって機内から降ろされた。写真は2015年サンフランシスコ国際空港で撮影(2017年 ロイター/Louis Nastro)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米ユナイテッド航空でテキサス州ヒューストンから結婚式のためにコスタリカに向かおうとしたカップルが15日、連邦保安官によって機内から降ろされた。ヒューストンのニュースチャンネルKHOU11が伝えた。

ユナイテッドによると、カップルは、追加料金の支払いが必要となる高額な席に座ろうとし、乗員の指示にも従おうとしなかったという。

一方、カップルは、KHOUのインタビューに対し、同機に最後の客として搭乗した際、他の乗客が2人の座席に横になって寝ていたため、空いていた前方のエコノミー席に座ろうとしたところ、乗員は追加料金を支払うという彼らの申し出を拒否し、元の席に戻るよう求めたと語った。

カップルが移ろうとした席は、ユナイテッドが「エコノミープラス」として販売している席で、「ファーストクラスの席に座ろうとしたわけではない」という。

その後、カップルは同機に乗り込んできた連邦保安官の指示に従って同機を降り、16日の便を再度予約したという。

ユナイテッド航空を巡っては、オーバーブッキング(過剰予約)の航空機内から乗客の男性医師が強制的に降ろされた問題を受け、批判が高まっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT