ユナイテッド、結婚式へ行く2人組を降ろす

コスタリカに向かおうとしたが…

 4月16日、米ユナイテッド航空でテキサス州ヒューストンから結婚式のためにコスタリカに向かおうとしたカップルが15日、連邦保安官によって機内から降ろされた。写真は2015年サンフランシスコ国際空港で撮影(2017年 ロイター/Louis Nastro)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米ユナイテッド航空でテキサス州ヒューストンから結婚式のためにコスタリカに向かおうとしたカップルが15日、連邦保安官によって機内から降ろされた。ヒューストンのニュースチャンネルKHOU11が伝えた。

ユナイテッドによると、カップルは、追加料金の支払いが必要となる高額な席に座ろうとし、乗員の指示にも従おうとしなかったという。

一方、カップルは、KHOUのインタビューに対し、同機に最後の客として搭乗した際、他の乗客が2人の座席に横になって寝ていたため、空いていた前方のエコノミー席に座ろうとしたところ、乗員は追加料金を支払うという彼らの申し出を拒否し、元の席に戻るよう求めたと語った。

カップルが移ろうとした席は、ユナイテッドが「エコノミープラス」として販売している席で、「ファーストクラスの席に座ろうとしたわけではない」という。

その後、カップルは同機に乗り込んできた連邦保安官の指示に従って同機を降り、16日の便を再度予約したという。

ユナイテッド航空を巡っては、オーバーブッキング(過剰予約)の航空機内から乗客の男性医師が強制的に降ろされた問題を受け、批判が高まっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。