世界の朝食を楽しむカフェが人気化する必然

一枚のお皿で楽しみながら異文化を学べる

そこで2013年5月から始めたのが「世界の朝ごはん」のサービスだ。ヒントとなったのが、日光インでの宿泊客との会話だった。

「外国人が皆コミュニケーションが上手かというと、そんなことはありません。私自身、建築やデザインの話に興味がある人となら話が弾むけれど、そうでない人の場合は話題に困るんですね。でも、食なら万国共通の話題となります。それに、食べ物そのものに、その国の文化や暮らし、考え方が凝縮しているということに気づいたんです」(木村氏)

3食の食事の中でも朝食を選んだのは、もっともシンプルで、国ごとの違いが如実に現れる食事だからだ。

「和食というとカツ丼やラーメンも含み範囲が広過ぎますが、朝食に限れば、伝統的なものとして挙げられるのはご飯に魚、みそ汁、納豆などですよね。種類が限られる分、文化の本質が現れる。他国でも同じことが言えるのではと考えました」(木村氏)

原宿から徒歩10分程度という立地を選んだのは、「街中は家賃が高い」というコスト面の事情もあったが、「ある程度落ち着いた雰囲気があり、世界を知ることに興味のある人が来てくれそう」(木村氏)という理由もあった。

“朝活ブーム”で、急に客が入り始めた

オープン当初はぼちぼちで、「まあこんなものだろう」という程度の客入りだったが、3カ月後、急に客が入り始めた。“朝活ブーム”で、さまざまなメディアに取り上げられたのがきっかけだったという。一時は、木村氏自ら、寝ないで仕込みをしなければならない事態になったほどだったが、現在は新たに雇ったスタッフを含め10人で切り盛りできるようになった。

なお、今は事務所を東京に移転しており、同店を始めるきっかけとなった日光インについては、サービスをストップしているという。宿泊施設はビジネス的に難しいということもあるが、木村氏自身が多忙なためだ。

「食事のリサーチや食材の仕入れ、ホームページの更新と、2カ月はあっという間に経ってしまいます」(木村氏)

開業当初は午前11時から午後11時までだったが、「朝もやってほしい」という客の要望もあり、現在は7時半から午後8時までの営業時間となっている。

次ページどんなメニューがあるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT