世界の朝食を楽しむカフェが人気化する必然

一枚のお皿で楽しみながら異文化を学べる

定番メニューの「イギリスの朝ごはん」1500円(税抜き)は、パン、豆、卵、マッシュルームとトマトのソテー、ハッシュブラウン、ソーセージ。(写真提供:日光デザイン)

「世界の朝ごはんを通して世界を知る」――。そんなコンセプトのカフェが、静かに人気を集めている。このユニークな取り組みを行っているのは、東京・渋谷区にあるカフェ「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」だ。

外苑通りに面した、原宿の喧噪とは雰囲気を異にする一角に、同店はある。やっと肩幅程度しかない両開きの扉はかなり入りにくく、何やら人を拒む風情。入店すると店内スペースのほとんどを占める大きなテーブルがあり、収容できる客数は十数人程度と見える。しかし休日には1日で100人程度が訪れる。外には行列ができるほどの隠れた人気スポットとなっているのだ。

経営をしているのは日光の建築デザイン会社

この店を経営しているのは、建築デザインを手がける日光デザインの木村顕社長だ。東照宮で知られる日光市にある、しかも建築の会社が、なぜ東京でカフェを経営することになったのだろうか。

日光デザインの木村顕社長(筆者撮影)

木村氏は建築士の資格を取ってすぐの2006年に、日光市内にある築50~100年の古民家3棟を借りてリフォームし、民宿事業を立ち上げた。「いわゆる書院造り――畳があって、縁側があって、という日本の伝統的な建築は非常に優れています。歴史を含め、その魅力を知ってもらいたいという思いから始めました」(木村氏)。

日光インと名付けた施設の宿泊料金は、施設利用料3000円プラス、ハイシーズンの料金が1泊5000円。2泊目以降は施設利用料の3000円はかからない。キッチン付きで、希望すれば食材を購入することもできる。里山で採れる野菜を食べることを含め、日本の昔ながらの生活を体験してもらいたいという意図もあった。

海外からのバックパッカーや観光客などが多く訪れ、リピーターも増えたが、何年か続けるうち「初期投資が大きく、ビジネス的に採算を取るのが難しい」ことがわかった。

次ページそこで始めたのが・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT