世界の朝食を楽しむカフェが人気化する必然

一枚のお皿で楽しみながら異文化を学べる

定番メニューの「イギリスの朝ごはん」1500円(税抜き)は、パン、豆、卵、マッシュルームとトマトのソテー、ハッシュブラウン、ソーセージ。(写真提供:日光デザイン)

「世界の朝ごはんを通して世界を知る」――。そんなコンセプトのカフェが、静かに人気を集めている。このユニークな取り組みを行っているのは、東京・渋谷区にあるカフェ「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」だ。

外苑通りに面した、原宿の喧噪とは雰囲気を異にする一角に、同店はある。やっと肩幅程度しかない両開きの扉はかなり入りにくく、何やら人を拒む風情。入店すると店内スペースのほとんどを占める大きなテーブルがあり、収容できる客数は十数人程度と見える。しかし休日には1日で100人程度が訪れる。外には行列ができるほどの隠れた人気スポットとなっているのだ。

経営をしているのは日光の建築デザイン会社

この店を経営しているのは、建築デザインを手がける日光デザインの木村顕社長だ。東照宮で知られる日光市にある、しかも建築の会社が、なぜ東京でカフェを経営することになったのだろうか。

日光デザインの木村顕社長(筆者撮影)

木村氏は建築士の資格を取ってすぐの2006年に、日光市内にある築50~100年の古民家3棟を借りてリフォームし、民宿事業を立ち上げた。「いわゆる書院造り――畳があって、縁側があって、という日本の伝統的な建築は非常に優れています。歴史を含め、その魅力を知ってもらいたいという思いから始めました」(木村氏)。

日光インと名付けた施設の宿泊料金は、施設利用料3000円プラス、ハイシーズンの料金が1泊5000円。2泊目以降は施設利用料の3000円はかからない。キッチン付きで、希望すれば食材を購入することもできる。里山で採れる野菜を食べることを含め、日本の昔ながらの生活を体験してもらいたいという意図もあった。

海外からのバックパッカーや観光客などが多く訪れ、リピーターも増えたが、何年か続けるうち「初期投資が大きく、ビジネス的に採算を取るのが難しい」ことがわかった。

次ページそこで始めたのが・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT