米テスラ、時価総額でGMを抜き業界首位

1カ月で株価は約35%上昇、508億ドルに

 4月10日、米株式市場で電気自動車(EV)メーカーのテスラが終値としての過去最高値を更新し、時価総額でゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて米自動車業界の首位に立った。写真はテスラのロゴ。NY市で昨年4月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[サンフランシスコ 10日 ロイター] - 10日の米株式市場で電気自動車(EV)メーカーのテスラ<TSLA.O>が前営業日比3.26%高の312.39ドルで取引を終了し、終値としての過去最高値を更新した。時価総額は508億8700万ドルとなり、508億8600万ドルのゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>を抜いて米自動車業界の首位に立った。

テスラ株は過去1カ月間で35%上昇。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)率いる同社が自動車業界とエネルギー業界に改革をもたらすとの見方から、同社株を買う動きが広がった。

テスラの時価総額は現在、2018年の生産計画の1台当たりで10万2000ドル、昨年販売した1台当たりでは66万7000ドルとなる。これに対しGMの時価総額は昨年販売した1台当たりで5000ドルにとどまる。

テスラの支持者は、同社がエネルギーおよび輸送の両セクターにまたがる大型株になると予想。テスラの長期的な成長見通しに基づけば、現在のバリュエーションは妥当と主張している。太陽光発電設備のソーラーシティ買収に伴う事業機会や、ネバダ州でのリチウムイオン電池セルの本格生産開始によるコスト削減も、同社株を有望視する要因という。

パイパー・ジェフリーのアナリスト、アレクサンダー・ポッター氏は10日、リポートに「すべてのリスクを踏まえても、成長を重視する投資家はこの銘柄を無視するわけにはいかない、と当社は考えている」と記し、同社株の投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェート」に引き上げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT