16年度も下振れ、設備投資の低調が続く理由

「海外情勢の不透明感」が弱気の原因ではない

人手不足で建設ラッシュも一服か(撮影:今井康一)

4月3日に発表された日銀短観の3月調査(全国企業短期経済観測調査)によれば企業の景況感は改善している。

景気の指標として注目度の高い大企業製造業の業況判断DIはプラス12ポイントで、前回の2016年12月調査(プラス10ポイント)から改善、大企業非製造業でもプラス20ポイントと前回調査(プラス18ポイント)から改善した(注:業況判断DIは「良い」と回答した割合から「悪い」と回答した割合を差し引いたもの)。業況判断DIは中堅・中小企業でも全体的に上向いており、「円安や輸出の回復、消費マインドの持ち直しなどが効いている」(みずほ総合研究所・経済調査部の有田賢太郎主任エコノミスト)。

2016年度設備投資は大幅な下方修正

しかし、気になるのが設備投資だ。2016年度の設備投資計画(全規模全産業、土地含む)は前年度比0.4%増で、前回調査(1.8%増)から下方修正された。特に大企業全産業では3.9ポイントと大幅に下方修正されている。

一方で2017年度の計画は全規模全産業で前年度比マイナス1.3%。前年の3月調査における2016年度計画が同マイナス4.8%だったのと比べると強気だ。米国トランプ大統領の政策運営など、海外情勢の不透明さから、2016年度の設備投資を2017年度に先送りした可能性を指摘する向きもある。

ただ、4月4日に発表された業種別のデータ(大企業)を見ると「必ずしも欧米政治の不透明さだけで説明できない部分がある」と、ニッセイ基礎研究所の上野剛志シニアエコノミストは指摘する。前年度と比較して、どの業種が設備投資の伸びに貢献し、どの業種が足を引っ張ったのか、寄与度を表したグラフを見てみよう。

次ページ2016年度の下振れの主な要因
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT