米テスラ株が急伸、時価総額でフォード抜く

1─3月の出荷台数好感

 4月3日、電気自動車(EV)メーカー大手の米テスラ株価が、過去最高値を更新した。写真は同社のロゴ。韓国の河南で昨年12月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ 3日 ロイター] - 電気自動車(EV)メーカー大手の米テスラ<TSLA.O>株価が3日、過去最高値を更新した。第1・四半期の出荷台数が前年同期比69%増の2万5000台と、四半期ベースの過去最高を記録したことを好感、生産能力を巡る投資家の懸念が和らいだ。

テスラ株価は5.8%急伸。時価総額は480億ドルに拡大し、フォード・モーター<F.N>の450億ドルを抜き、510億ドルのゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>に迫った。

第1・四半期の出荷台数はゴールドマン・サックスの予想2万3500台を上回った。

テスラは過去に生産目標に届かなかった経緯があり、注目の新型セダン「モデル3」の投入が遅れると一部で懸念されていた。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は出荷台数発表後にツイッターで「ショート筋には大荒れの天候」とし、テスラ株価の下落を見込んだ取引を行う空売り筋を一蹴した。

金融分析会社S3パートナーズによると、年初来でテスラの空売り筋は22億5000万ドル相当の含み損を抱えている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT