米テスラ株が急伸、時価総額でフォード抜く

1─3月の出荷台数好感

 4月3日、電気自動車(EV)メーカー大手の米テスラ株価が、過去最高値を更新した。写真は同社のロゴ。韓国の河南で昨年12月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ 3日 ロイター] - 電気自動車(EV)メーカー大手の米テスラ<TSLA.O>株価が3日、過去最高値を更新した。第1・四半期の出荷台数が前年同期比69%増の2万5000台と、四半期ベースの過去最高を記録したことを好感、生産能力を巡る投資家の懸念が和らいだ。

テスラ株価は5.8%急伸。時価総額は480億ドルに拡大し、フォード・モーター<F.N>の450億ドルを抜き、510億ドルのゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>に迫った。

第1・四半期の出荷台数はゴールドマン・サックスの予想2万3500台を上回った。

テスラは過去に生産目標に届かなかった経緯があり、注目の新型セダン「モデル3」の投入が遅れると一部で懸念されていた。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は出荷台数発表後にツイッターで「ショート筋には大荒れの天候」とし、テスラ株価の下落を見込んだ取引を行う空売り筋を一蹴した。

金融分析会社S3パートナーズによると、年初来でテスラの空売り筋は22億5000万ドル相当の含み損を抱えている。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。