ハイパーループの音速車両はこうなっている

1月のコンペに参加する車両の構造とは?

イーロン・マスク氏(テスラやスペースXの創業者)の未来的な移動手段「ハイパーループ」のコンセプトは、2013年に明らかとなったものである。このまったく新しい輸送システムは、減圧されたチューブの中を音速に近いスピードで人々を運ぶことを可能にする。

そのアイデアを現実のものとするために、マスク氏はスペースX・ハイパーループ・ポッド・コンテストを立ち上げた。

オランダにあるデルフト工科大学のような全30チームが2017年1月、カルフォルニアの1マイルのコースで各自のポッドをテストする予定だ。

デルフトのハイパーループは、非接触で浮上を可能にするために、無抵抗の磁気ベアリングを使っている。

デルフト・ハイパーループのビークルダイナミクスチーフのサシャ・ラーマ氏は次のように説明する。

「何と言っても素晴らしいのは、現在のところ私たちが使用する磁石は電磁石ではありません。普通の永久磁石、例えばあなたの家の冷蔵庫にも貼り付けられるタイプの磁石を使います。そのため、システム全体のエネルギー効率が大変良くなります。浮上のためにエネルギーを注入する必要がありません。スピードを上げれば自然に浮上するのです」

動画の中に出てくる半分のサイズのプロトタイプは、たった149キログラムの重さしかない。

これはマスクの目指している時速750マイルという目標に到達するように設計されている。しかし、テストコースが小さいため、出場者たちはその半分付近のスピードに制限されることになりそうだ。

「ほぼ2センチメートルの高さで浮上を開始します。我々のブレーキングシステムは滑らかな停止ができるように設計されており、スムーズにコントロールできます。停止の際にも、乗客は快適なまま過ごすことができます。車両全体の電力が失われたときでさえも、車両は安全に静止状態となります」

イーロン・マスク氏によるハイパーループの夢。この夢を現実化するプロジェクトに参加するためにも、まずは1月のコンペで勝利を掴むことを望んでいる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT