時速1200キロ「ハイパーループ」実現へ前進!

2016年中に大規模実験実施へ

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

2016年は次世代高速移送システム「ハイパーループ」が実現に近づく年になると、米ハイパーループ・テクノロジー社のロブ・ロイドCEOは見ている。

米ネバダ州ラスベガスから50キロメートル北にある砂漠の真ん中で、ハイパーループ実現に向けた動きが進んでいる。ハイパーループはもともと電気自動車ベンチャーの米テスラモーターのイーロン・マスクCEO発案の計画で、ハイパーループ社のロイドCEOによると、砂漠にあるこの試験場こそ計画を実現に近づける場所だ。

この場所は「推進力戸外試験施設」と呼ばれる。ハイパーループ社はここで、高速の電気モーターの試験を行う予定だ。

カギを握る4つのイノベーション

「今年はわれわれが”キティーホークの瞬間”に達する年だ。何が言いたいかというと、今年はハイパーループのすべての技術を、規模を広げて実行し、われわれが取り組んでいる4つの主なイノベーションをしっかりと展開する年にしたい」と、ロイドCEOは話す。

主なイノベーションとは、摩擦を軽減する低圧チューブや、人や貨物を運ぶ「ポッド」、レールガンと同様の原理で動く電気推進システム、そしてポッドを線路から浮かすための浮上システムのことである。

この主なイノベーションは低圧チューブで少ない摩擦を可能にし、「ポッド」という人でも貨物でも運べる電気推進システムはレールガンと同様の原理と線路からポッドを浮かせる浮上システムを使って機能します。

もしこれらの技術が可能になればハイパーループシステムは、飛行機や鉄道を動かすエネルギーのほんの一部だけで、理論上時速1200キロメートル以上で走れるようになる。

「実際には線路の5%程度の推進力があれば十分だ。それだけで時速750マイル(時速約1200キロメートル)の速さに到達させることができ、そこからはほぼ摩擦がないのでエネルギーを使うことなく、100マイル(160キロメートル)“滑らせる”ことができる」(ロイドCEO)。

ロイドCEOは、この野心的とも思える目標を一年以内には達成できると自信を強めている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT