テスラCEOがアップルを痛烈に批判した理由

「アップルはテスラの墓場だ」

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

テスラモーターズのイーロン・マスクCEOはアップルを非難し、自分とスタッフは冗談で、アップルのことを「テスラの墓場」と呼んでいるそうだ。

マスクCEOは、ドイツの日刊商業経済紙ハンデルスブラットとのインタビューで、こうしたコメントをした。マスクCEOの主張では、アップルは彼の言葉によると「我々が首にした人間を雇っている」ということだ。2カ月前、アップルがテスラから上級エンジニアを横取りしたので、多分マスクCEOはイライラしているのだろう。情報筋によると、アップルは自動運転の電気自動車の製作を検討しており、テスラとグーグルに敵対する可能性がある。

マスクCEOがアップルを非難したのは、ちょうどアップルが課題を抱えていたときだった。ユーザーのセキュリティに脅威を及ぼすアプリをいくつか、アップストアから削除したと発表しており、それらの中には、広告ブロッキングアプリ、Been Choiceがあった。

その一方、アップルのパーソナルコンピュータは順調に売り上げを伸ばしている。調査会社のIDCによると、第3四半期に、数量でアップルがレノボを打ち負かし、米国の出荷量で3位に返り咲いた。

しかし、スティーブ・ジョブスと度々比較される歯に衣着せぬ起業家、マスクCEOはApple Watchなどの製品を小馬鹿にししているようだ。マスクCEOは「電話やスマートウオッチと比べれば、車はとても複雑。中国のフォックスコンのような製造事業者のところに行って、『私に車を作ってください』と委託することなどできないのだから」と言った。

アップルから、コメントへの直接の対応はなかった。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。