「レールガン」とは一体どのような兵器なのか

200キロ先へ弾丸を飛ばす電磁兵器の威力

レールガンは「電力」と「ローレンツ力」と呼ばれる原理によって弾を撃ち出す(写真:Official U.S. Navy Page)

「レールガン」がにわかに注目を集めている。「防衛省が平成29年度予算案の概算要求に電磁レールガンの開発関連経費を盛り込むことを21日までに決めた」との報道があったためだ(2016年8月22日付の産経ニュース)。

肝心の平成29年度概算要求文書はまだ公開されていないため、実際に予算に組み込まれているかどうかはわからない。しかし、すでに陸上装備研究所では電力供給システムや電磁レールガン本体に関するシミュレーションなどの取り組みを進めている。これらは実現可能性を探るためのもので、まだ開発して装備化すると確定しているわけではないが、防衛省がレールガンに強い関心を持っていることは間違いない。

それにしても「レールガン」という兵器は、一般の読者にとっては比較的なじみの薄い言葉だろう。いったい、この電磁レールガンとは何者で、どういった可能性が考えられるのだろうか。

装薬を使わずに弾を撃つ

ちなみに、英語圏では「EM(Electro Magnetic=電磁) railgun」という書き方をすることが多い。日本語訳すると、電磁レールガンだ。ただし、これでは長くなってしまうので、本稿では以降、単に「レールガン」と書くことにする。

一般に「ガン」というと、拳銃・小銃・機関銃から、大きいところでは戦艦の主砲に至る武器を指す。いずれも、「装薬」と呼ばれる一種の火薬を燃焼させて、それによって発生した燃焼ガスのエネルギーによって弾を撃ち出す。

それに対して、レールガンは装薬を使わない。代わりに使うのは、「電力」と「ローレンツ力」と呼ばれる原理である。「砲身」に相当するのは、導電性を持つ素材で造られた2本のレールだ。その2本のレールの間に「弾」を挟んで接触させるのだが、その弾の方も導電性を持っている必要がある。

次ページ磁場の相互作用によって弾を推進
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。