「3万年前の航海」をどうやって再現したのか 国立科学博物館のひみつ

拡大
縮小

海部:林良博館長のアイデアです。だいぶ前からこのプロジェクトをやりたいと考えていたのですが、なかなか予算が確保できずにいたという経緯があり、館長に相談したところ、「クラウドファンディングをやったらどうか」と。

クラウドファンディング支援者の名前が書かれた櫂(かい)を持つこぎ手チーム(写真:国立科学博物館提供)

謎解きの面白さをみんなとシェア

成毛:自前の資金をどう獲得するかは、独立行政法人の大きな課題ですから、他の法人も関心を持って見ていたでしょうね。いくら集まりましたか。

海部:目標額2000万円のところ、2600万円が集まりました。それに、クラウドファンディングという手法はこのプロジェクトにマッチしていたなと思います。一般的な研究は、結論が出てから発表するので、謎解きの面白さをみんなとシェアすることはなかなか難しいのですが、今回は謎解き体験そのものが面白いですし、失敗したとしても“すべて見せちゃおう”と思いました。やはり関心を持ってくれる人は多く、その輪がどんどん広がっていくのを感じましたね。

国立科学博物館のひみつ 地球館探検編』(ブックマン社)は国立科学博物館地球館の楽しみ方をビジュアル満載でガイドしている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

成毛:最終的には、台湾から与那国島への航海も目指していると伺っていますが。

海部:そうです。ただ、最初は2年後にそこを目指すと言っていましたが、そう簡単ではないので、今回の成果をまずきちんと整理したいと思っています。

成毛:ひとまず初回のプロジェクトを終えた今は、どんなことをしているのですか。

海部:GPSのログ1つを見ても、現場では気づいていなかったことが見えてくるので、何が起きていたのかを確かめています。

成毛:台湾から舟を出すとなると、台湾の人たちも関心を持ってくれそうですが。

海部:今回のプロジェクトへの関心もかなり高いようです。

成毛:一連のプロジェクトが成功すると、台湾から沖縄へ人が意図的に渡ってきたということだけでなく、いろいろなことが見えてきそうですね。

海部:祖先たちの謎を解くというのが直接的な目標ですが、日本人と呼ばれるわれわれも、かつてはどこかからやってきた日本人じゃない人でした。台湾の人も、中国人もみんなそうです。国家ができたのは最近の話ですし、人類はみんな複雑な歴史を持っています。それをひもといていくのが、僕らの役割だと思っています。そして、こういう認識がもっと広まって、日本人とかその祖先たちに対する考え方が変わることも期待しています。

詳細はプロジェクトの公式HPをご覧ください

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT