ジャパネット髙田明「私が新入社員だった頃」

バスから景色を眺めることも、勉強です

退社したのにはいくつか理由があったんですけど、仕事が嫌になったとか、会社を辞めたいとか、そんなことは全然ありませんでした。自分の性格というか、いちばん大きかったのは、親友に一緒に仕事しないかって誘われたことでした。平戸での中高時代の仲間の1人で、受験勉強も一緒に頑張った中倉玄喜君に、翻訳の仕事をしようって誘われたんです。

彼と一緒にやろうということになって、軽い気持ちで、退職してしまいました。覚悟とかそんなものではありませんでした。若いだけが取り柄で、何の人脈もコネも計画もなくて、そんな事業がうまくいくはずもなく、すぐにおカネがなくなってしまいました。

それで、とにかく食べて行かなきゃならないから、彼は別の仕事をすることになりました。中倉君は在日外国大使館に勤めた後に、翻訳に精を出して、今は、エドワード・ギボンの『ローマ帝国衰亡史』の新訳や、ローマ帝国の希代の英雄ユリウス・カエサルによる『ガリア戦記』の新訳をPHP研究所から出版するような立派な翻訳家になっています。

私にはその後の計画なんて何もありませんでした。そんなとき、喫茶店に入ったら、ジュークボックスがあったもんだから、渡哲也の「くちなしの花」を入れたんですよ。それを聴いているうちに、平戸に帰ってみようかなって思って、それで帰ったんです。そして父が経営していたカメラ店を手伝い、37歳で独立して、やがてラジオショッピングからテレビショッピングを始めました。

今を生きていれば、人生は拓ける

振り返ってみると、私は天賦の才に恵まれたとか、他人と違った特別なことをやってきたとか、そんなことは何もありません。普通でした。第1志望の大学には合格できませんでしたけれど、一生懸命に勉強した自分がいました。好きなことをやろうと思って、大学時代は英語を一生懸命に勉強しました。一流企業に入ろうとか、出世しようとか、そんなことは考えませんでしたけど、入った会社では、とにかく期待に応えられるように全力で働きました。

会社を辞めて父の写真館で働くようになったのは、友達と始めた仕事がうまくいかなかったからです。どちらかといえば、流れに身を任せて、与えられた環境に順応してつねに全力を尽くすというのが私の生き方でした。それは、自分で会社を始めてからも変わりませんでした。

私はうまくいかなかったことに劣等感を持ったことも、成功したことで優越感を抱いたりしたこともまったくありません。失敗をばねにと思ったこともなければ、うまくいって天狗になったこともないんです。ただ、目の前のことを一生懸命にやってきただけです。

だからですね、特に若い皆さんに申し上げたいのは、受験がうまくいかなかったとか、希望する会社に入れなかったとか、そんなことは関係ないんですよ。

卒業した大学や入社した会社が将来を保証してくれるほど今の日本は甘い社会でもありません。そんなことでくよくよしても仕方ないですよ。過去は変えられませんから。過去を悔やんで未来を悲観して生きていても仕方がないです。そんなことより、好きなことを一生懸命にやり続けていれば、今を生きていれば、人生は絶対に拓けるようになっているんですよ。そして、一生懸命にやったことは決して無駄にはなりません。後になって、その努力はいつかどこかでつながってくるんです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT