大粒ダイヤ「ピンクスター」が再び競売に

3年前に落札したウルフ氏が代金を支払えず

3月20日、競売大手サザビーズは、3年前にスイスで落札された59.60カラットの大粒ピンクダイヤ「ピンクスター」が、落札者が支払えなかったため再び競売にかけられると発表した。6000万ドル(67.6億円)の値が付くと予想されている(2017年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 20日 ロイター] - 競売大手サザビーズは、3年前にスイスで落札された59.60カラットの大粒ピンクダイヤ「ピンクスター」が、再び競売にかけられると発表した。

4月4日に香港で行われるオークションに先立ち、ロンドンで公開された。6000万ドル(67.6億円)の値が付くと予想されている。

このダイヤは2013年11月のジュネーブでのオークションで、史上最高額の8300万ドルで落札されたが、買い手のニューヨークの有名なダイヤモンド研磨業者アイザック・ウルフ氏が支払えなかったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT