大粒ダイヤ「ピンクスター」が再び競売に

3年前に落札したウルフ氏が代金を支払えず

3月20日、競売大手サザビーズは、3年前にスイスで落札された59.60カラットの大粒ピンクダイヤ「ピンクスター」が、落札者が支払えなかったため再び競売にかけられると発表した。6000万ドル(67.6億円)の値が付くと予想されている(2017年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 20日 ロイター] - 競売大手サザビーズは、3年前にスイスで落札された59.60カラットの大粒ピンクダイヤ「ピンクスター」が、再び競売にかけられると発表した。

4月4日に香港で行われるオークションに先立ち、ロンドンで公開された。6000万ドル(67.6億円)の値が付くと予想されている。

このダイヤは2013年11月のジュネーブでのオークションで、史上最高額の8300万ドルで落札されたが、買い手のニューヨークの有名なダイヤモンド研磨業者アイザック・ウルフ氏が支払えなかったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT