大粒ダイヤ「ピンクスター」が再び競売に

3年前に落札したウルフ氏が代金を支払えず

3月20日、競売大手サザビーズは、3年前にスイスで落札された59.60カラットの大粒ピンクダイヤ「ピンクスター」が、落札者が支払えなかったため再び競売にかけられると発表した。6000万ドル(67.6億円)の値が付くと予想されている(2017年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 20日 ロイター] - 競売大手サザビーズは、3年前にスイスで落札された59.60カラットの大粒ピンクダイヤ「ピンクスター」が、再び競売にかけられると発表した。

4月4日に香港で行われるオークションに先立ち、ロンドンで公開された。6000万ドル(67.6億円)の値が付くと予想されている。

このダイヤは2013年11月のジュネーブでのオークションで、史上最高額の8300万ドルで落札されたが、買い手のニューヨークの有名なダイヤモンド研磨業者アイザック・ウルフ氏が支払えなかったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。