低スキルの会社員を襲う「長寿化」という悪夢

「ライフ・シフト」共著者が100年ライフを語る

アンドリュー・スコット氏に100年ライフのあり方について聞く(写真提供:リンダ・グラットン)
発売以来、「衝撃を受けた」「人生が変わった」と日本でも話題となっている『ライフ・シフト』。世界的にも多くの人に影響を与えている本書のインパクトと、100年ライフが普通になったあとの経済のあり方について、共著者の著名経済学者、アンドリュー・スコット氏にうかがった。

人生に影響を与える本に

『ライフ・シフト』は11万部のベストセラーとなっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

――本書は何カ国語に翻訳されているのでしょうか?

現在のところ、日本を含む9言語に翻訳されています。『ライフ・シフト』に対する読者からの反応には興奮を覚えました。私とリンダ・グラットンはこの本で、進行する「長寿化」への関心を喚起したいと考えていました。そして私たちには、過去の世代とは異なる人生を歩むような意思決定が必要だということも。この点で、本書は各国で成功を収めました。多くのメディアに取り上げられ、売れ行きもよく、賞の候補に選ばれ、企業か個人かを問わず、多くの称賛をいただきました。

『ライフ・シフト』はいろいろな国で、フィナンシャルタイムズのような経済紙から女性誌にいたるまで、幅広いメディアに取り上げられました。長寿化にはさまざまな側面があります。引退、年金、社会保障、健康など、さまざまな問題がかかわってきます。『ライフ・シフト』はこうした多様な問題を統合的に論じる道をひらきました。

とりわけ私たちが強調したかったのは、長寿化は、高齢者だけでなく、年齢を問わずすべての人に影響を与えるということです。残された人生をどう生きるかについて、みんなにしっかり考えはじめてほしいと思いました。

次ページ100年ライフは、GDPに貢献する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT