衝撃!激しい運動は「性欲減退」を招くのか

ノースカロライナ大が調査を発表

激しい運動は、男性の性欲減退につながるのか(写真:photonominus/PIXTA)

過激なトレーニングでマッチョなボディを手に入れたけど、セックスに興味がなくなった……。そんな可能性を示す調査結果が注目を集めている。

トレーニングが性欲や生殖機能に与える影響については、これまでにも研究者と運動選手の間で注目されてきた。ただし、その焦点となるのはたいてい女性だ。

たとえば、連日激しいトレーニングを積む女性アスリート(マラソン選手など)は、月経異常になる場合があるとされてきた。身体的なストレスによってホルモンバランスが崩れるためで、セックスへの関心が低下し、妊娠しにくくなるといった関連性が指摘されてきた。だが、実際にこうした結果が生じることはまれ。それにたいていトレーニング量を減らせば問題は解決する。

激しいトレーニングと男性ホルモンの関連性

その一方で、トレーニングが男性の性欲や生殖機能に与える影響はあまり注目されてこなかった。ほどほどの運動量なら、主要な男性ホルモンであるテストステロンの数値は高くなる(すると理論的には性欲が高まる)とされてきた。一方、長時間にわたり激しいトレーニングをすると、その直後、さらには長期にわたりテストステロンが減る可能性があることが、複数の小規模な研究で示されている。

ただ、こうした研究はホルモン量という測定しやすい変化に注目するだけで、性欲や実際の性行動といった数量化が難しい要因は調べていない。

次ページ成人男性1100人を調べたところ・・・・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。