衝撃!激しい運動は「性欲減退」を招くのか

ノースカロライナ大が調査を発表

そこでノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究チームは、トレーニングと男性の性生活の関係を調べることにした。その結果が、アメリカの学会誌「スポーツおよびエクササイズの医科学(MSSE)」の2月号に発表された。

研究チームはまず、セックスのことを考える頻度や、実際にセックスをする頻度など、性行動に関する基本情報をアンケート形式で調べた。また、トレーニングの頻度と激しさ、さらには病歴や健康状態全般も聞いた。

成人男性1100人を調べた結果…

アンケートは大学関係者だけでなく、ランニングや自転車、トライアスロンなど持久力が必要なスポーツのトレーニンググループ経由で、多くのメンバーや知り合いに声をかけてもらい、オンラインで回答できるようにした。その結果、約1100人の成人男性の回答を得ることができた。

そこで研究チームは、回答者をワークアウトの激しさと時間という2つの軸によってグループ分けし、その結果をセックスへの関心や頻度と比較した。するとはっきりしたパターンが明らかになった。

軽度または中度のトレーニングをする人は、性欲が高いか普通と答える割合が高いのに対して、長時間にわたり激しい運動をする人は性欲が低いと答える傾向が見られた。年齢によって調整しても(一般に若者のほうが性への関心は高い)、結果は同じだった。

次ページ子どもが欲しいカップルには朗報?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT