40代「おじさん」でも1割は20代と結婚できる

検証!中年未婚男性は本当に若い子が好きか

(注)割合は各5歳区分ごとの婚姻数合計内での構成比
(出所)2015年「人口動態調査」に基づき、夫婦共に初婚の場合を抽出して筆者作成

40代では、13.5%、50代でも8.3%のおっさんが20代女性との結婚を達成しています。つまり、40~50代でも実数にして合計4013人のおっさんは、20代という若い妻を手に入れることに成功しているわけです。なかなか健闘しています。

中年の若い子好きと「未婚化」は関連性がある

このおっさんの若い子好きという意識と昨今の未婚化は、実は関連性があるのではないでしょうか。

宝くじを買う感覚で説明します。たとえば、100円払えば必ず10円もらえるくじAと、同じく100円だが、100分の1の確率で1000円当たるけれど、はずれはゼロ円というくじBがあったとします。どちらを選びますか?

大抵の人はBを選択すると思います。確率的には、まず当たらないのにも関わらず。確実に10円をもらうより、「もしかしたら」という期待で人はBを選んでしまいます。これが宝くじを買う人の心理です。

ところが、これが1枚100円ではなく1万倍の1枚100万円のくじだとするとどう思うでしょうか?

確かに、当たれば1000万円もらえるかもしれないが、手元の100万円を失う可能性が大きい。こうなると、人はそのリスクを恐れ、Bを選択しなくなります。要は、自己リスクとの兼ね合いなんです。金額が高いとどうしてもそれを失いたくない気持ちが勝ちます。それが冷静な判断力というものです。

これをおっさんの結婚にあてはめてみましょう。ここに、婚活にいそしむ40代のおっさんがいたとします。今まで、さんざん婚活してきましたが、ずっと結婚できませんでした。しかし、もはや贅沢は言っていられない。次、決めなければ生涯独身確定だという状況だと仮定します。

そのときに、「あなたがOKすれば確実に結婚できるが、ほぼ同年代のアラフォーのAさん」と「その子を狙うライバルもたくさんいて、あなたがプロポーズしても結婚できる可能性は低い20代女子のBさん」の2人がいたとします。さて、おっさんはどちらを選ぶでしょうか? もちろん、実際は年齢だけで相手を選ぶわけではありませんが、便宜上シンプルにしています。

理屈で考えれば、間違いなくAでしょう。だって確実に結婚できるのですから。若いとかかわいいとかそんな条件を言える立場ではないのです。でも、このおっさんはBを選んでしまいます。そして、当然のごとくフラれます。

もうこのおっさんでいいと言ってくれるAのような女性は2度とあらわれることはないでしょう。生涯独身確定です。お疲れ様でした。

なぜ、このおっさんは無謀な選択をして玉砕してしまうんでしょう? 実は、こうした選択をしてしまうことは、サルの実験でも立証されています。

次ページサルも同じ決断をする
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT