40代「おじさん」でも1割は20代と結婚できる

検証!中年未婚男性は本当に若い子が好きか

少量の果物を確実にもらえるAか、大量の果物かもしくはもらえない可能性のあるBのどちらかを選ぶか、という実験をしたところ、サルはどんなにBの確率を下げても(ほとんど果物はもらえなくなる状態)、一貫してBを選び続けたそうです(2005年米デューク大学プラッツ博士の実験より)。

サルはリスクを認知できないのでしょうか? いいえ。サルの脳の後帯状皮質という神経細胞で、リスク自体は感知していたそうです。つまり、リスクがあることを承知で、サルはBを選び続けたということになります。

確実な“報酬”より、リスクの先の快楽を選ぶ

話をおっさんに戻します。このおっさんにとって「Bを選ぶこと」がリスクであることは百も承知ですが、確実な報酬よりもリスクを乗り越えた先の大きな快楽への誘惑に勝てなくなるのです。おカネだと冷静に判断できるのに、結婚や恋愛だと、それがすっ飛んでしまう。そして、延々と同じミスを繰り返します。それでも、おっさんたちは「いい夢を見させてもらった」と強がり、これっぽっちも反省などしません。それこそが、結婚できないまま一生を終える男の特徴ではないでしょうか。

しかし、実は本質はこうかもしれないのです。確実な報酬であるAを選ばないおっさんは、結局そもそも「結婚するつもりがないのだ」と。こうしたおっさんは、自分が40代になろうと50代になろうと、選ぶ相手の年齢は変わっていないはずです。結果自分が歳を重ねるごとに歳の差が開いていっているだけというのが実情でしょう。決しておっさんになったから、若い子好きに変化したわけではないのです。

若い子との結婚を希望するおっさんたちが結果的に生涯未婚になっているのは、自業自得というより、本人の潜在意識が選択した能動的な決断なのかもしれません。

ちなみに、40~50代のおっさんが初婚で20代の女性と結婚できた確率を、全年代の男性初婚数から割り出すと、1%以下。ほぼムリなようです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。