39歳「元コギャル主婦」は不倫で小遣いを稼ぐ

「出会い系アプリ」で探した6人と同時進行

「相手は結婚している同世代かちょっと上の既婚の会社員ばかり。相手は有休を取得し、家族にはいつものように会社に行くふりして家を出てきます。それで私とデートしている。だから、朝9時に待ち合わせ、ということが多いです。場所は私の都合も考えて、新宿で会っています。通勤ラッシュでごった返す新宿駅で待ち合わせて、ちょっと高いラブホテルに行って、14時くらいまでエッチして、その後、ちょっと高いランチを食べてバイバイするというのがパターンです」

そのときに、相手の男性が、おカネをくれることもあるという。

6人の男性と同時進行で定期的に会う

「私が専業主婦で自由になるおカネがないと知っているから、1万~2万円くれる人もいますよ。もちろん、男性がホテル代も食事代も出してくれます。高校時代のエンコーと大きく違うのは、同じ相手と何度も会うこと。今、同時進行で6人の男性と定期的に会っています。そのうちのひとりの同世代の男性とは、私の子どもたちが春スキーの合宿に行く日程で、沖縄旅行を考えています。もちろん、旅費は相手持ちですよ」

加奈子さんは39歳、美人とはいえ、年相応の外見をしているのに、なぜそのような好条件の男性と会えるのだろうか。

「男性が有料のアプリに登録しているからだと思います。いろいろ試したのですが、男性が無料のアプリでは、いい条件の相手がいませんでしたね。あとは、メッセージのやり取りをしっかりすること。ちょっとでもダメかもと思った人とは会わないようにしています」

加奈子さんは毎週、火曜日か金曜日をデートの日に当てていて、月に5万~10万円のお小遣いを得て、エッチを楽しんでいる。

本連載では恋愛を楽しんでいる方からの情報をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT