イタリア人に学ぶ「NOと言える人になる」方法

国連職員が学んだ「価値観の差超える」仕事術

すべてを完璧にこなそうとするのではなくて、自分にとって本当に大切なものに、自分の持てるものすべてをしっかり注ぐべきでしょう。そのためのゴール設定であり、優先順位付けです。

では、私たちが上手にNOを言うには、どうすればよいのでしょうか。上手にNOと言うスキルは、誰もがトレーニングすることで身に付けることのできるものです。前述のイタリアの女性たちは、職場でどうNOを言うべきか、いくつかの示唆を、私たちに投げかけてくれています。

・NOと伝える前に、味方の数を増やす

これは、シンプルですが、とても有効な手ではないでしょうか。もし職場で問題を抱えているのだったら、1人でその問題に立ち向かうよりも、仲間を巻き込んで数を増やしたほうが断然、有利です。

・第三者の口からNOと伝えてもらう(自分でNOと言わない)

最終的なNOが第三者の口から伝えられたことは、私の彼女たちへの感情の緩和剤の役目も果たしてくれました。この人(第三者)がそう言うのだから仕方がない、私はそう思ったわけです。もしこれが、彼女たちの誰かから直接発せられていたら、私が彼女たちに抱いた感情も違っていたはずです。

・沈黙を味方につける

たとえ請け合わないと心は決まっていても、すぐにNOという前に、とりあえず黙ってみることも一案です。これは3人目の女性がとった行動です。沈黙は、時にどんな言葉よりも雄弁に表現してくれます。NOと言わなければならない場面でも十分活用すべきです。

イタリア人は無駄に自分を犠牲にしない

最後に、「正しいゴールの選択」と「理にかなった犠牲」の関係性についてお話しさせてください。「なぜ私だけが、こんなにたくさんのことをしなければならないのか、という自己犠牲感が消せないときは、現状を見直すよいサイン」だと先に述べましたが、この「自己犠牲感」は、私たちが普段思うよりも、はるかに多くのことを教えてくれているように思います。

ゴールは、自分にとってより深く大きな存在になればなるほど、その実現過程は困難なものになります。たとえば、オリンピック選手で考えましょう。彼らはメダル獲得というゴールに向けて厳しいトレーニングを積みます。しかし、彼らはこれを「自己犠牲」と考えるでしょうか? なぜこんなに自分だけが、と考えるでしょうか? そのように思い始めた選手は、やがて引退や休養という形でレースから自然に外れていくはずです。

『価値観の違いを超える仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。上の画像をクリックするとアマゾンのページにジャンプします。

ゴールの実現と犠牲は、2つで1つのセットです。犠牲を払わずに実現する夢など存在しません。ただ、1つのセットとして成り立つものであるからこそ、正しい組み合わせを選んでいれば、こころの不協和音は発生しないのです。2つの両輪はうまくかみ合って、前進する大きなエネルギーを生むはずです。

正しいゴールと、理にかなった犠牲を選択している場合は、「なぜ自分だけが」という苦しさは出てこないはずです。NOと言えるイタリアの人々は、無駄に自分を犠牲にしません。自分が選んだゴールに向けて、バランスを取って前に進むのです。あなたが、どうしても自己犠牲感が消せない場合は、彼らのNOと言える強さに学んでみてはいかがでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT