トランプ大統領は、実は演説に超必死だった

これから後も、市場をだませるとは限らない

最後はおなじみの競馬コーナーだ。

今週末はなんといっても弥生賞(やよいしょう・5日15時45分、中山競馬場で行われるGIIレース。距離は2000メートル)。4月以降行われる「3歳牡馬クラシック3冠」(皐月<さつき>賞、日本ダービー、菊花賞)をとる可能性のある馬たちが出走するトライアルレースだ。花粉の季節だけに、目と鼻を真っ赤にしながら中山競馬場で観戦するのが筆者にとって恒例行事となっている。

弥生賞は「高校野球の気持ち」で「コマノインパルス」

弥生賞は春の選抜高校野球のようなもの。この時期の3歳牡馬は人間でいえば18歳の少年であって、まだ初々しくて能力を見極めることが難しい。

高校野球と同じく、理屈をこねずに素質がありそうな馬を応援するのが吉というものだ。昨年はたまたまそれがマカヒキだった。おかげでダービーを単勝で取れたのはいい思い出だ(今年2月の京都記念は残念だったけどね)。できれば今年もそんな馬に出合いたい。

出馬表を見ると、有力馬の一角であるカデナは、中山競馬場は未経験。またコマノインパルスは血統が地味、ダイワキャグニーは2000メートルを走っておらず、グローブシアターは前走3着が物足りず、ダンビュライトはさすがに無理筋という気がする。

消去法では決められないので、ここは1点買い。今年はコマノインパルスでいこう。1月の京成杯を勝っているし、鞍上の田辺裕信騎手は目下、確変モードだ。皐月賞やダービーまで行けるような強い勝ち方を目撃したいところである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。