子どもに聞かれて困る!算数の素朴なギモン

0にどんな数をかけても0になる理由とは?

また、割られる数の3より、商の10のほうが大きくなることについても、頭の中でイメージできるようになります。

【ギモン3】「歩合」ってどういう意味?

『小学校6年間の算数がマンガでざっと学べる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「当社は実力主義。固定給は10万円だけで、そこから先は歩合制で給料が決まります。」このように「成果の分だけ報酬をもらえる」という意味で、「歩合制」という言葉が使われることがあります。

でも、小学校の算数でいうところの「歩合」の意味はどうでしょう? 知らない人もいるのではないでしょうか?

歩合は算数では、「割合」の表し方のひとつ。割合は大きく分けると「小数の割合」「百分率」「歩合」の3つがありますが、この違いについて、あなたは子どもにもわかるように説明することはできますか?

小学校の教科書では、割合の定義について「比べられる量が、もとにする量のどれだけにあたるか表した数」と表現されています。この「どれだけか」の表現方法が、「小数の割合」「百分率」「歩合」では異なるのです。

小数の割合では、たとえば「5は20の0.25倍」というふうに考えます。よりくわしく説明すると「もとにする量20を1倍とするとき、比べられる量5は0.25倍にあたる」となります。

このように、小数の割合では、もとにする量を「1倍」とおきます。

一方、百分率では、もとにする量を「100%」とおきます。たとえば「5は20の25%」という表現を、よりくわしく説明すると「もとにする量20を100%とするとき、比べられる量5は25%にあたる」となります。

さらに、歩合では、もとにする量を「10割」とおきます。たとえば「5は20の2割5分」という表現を、よりくわしく説明すると「もとにする量20を10割とするとき、比べられる量5は2割5分にあたる」となります(1割=10分)。

これが、小数の割合、百分率、歩合の違いです。つまり、「もとにする量を何とおくか」が違うということです。

大人の方でも意外と知らない内容もあったのではないでしょうか。ぜひ算数の楽しさを感じていただけたらと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。