40歳のあの人でもできる「歯の矯正」の真実

5つのメリットと目立たない治療法を解説

歯の矯正は子どもだけに限定されていません(写真:bee / PIXTA)

自分の歯並びに自信がある人はどれくらいいるでしょうか? 歯並びが悪いことがコンプレックスになっている人も少なくはないようです。「歯並びが悪いのは気になるけど、いまさら矯正治療なんて……」と思っている人もいるかもしれません。

筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信し、その中でも紹介していますが、矯正治療は子どもだけのものではありません。たとえば40歳の大人でも始められます。大人になってから行う矯正治療にはどのような良い点があるのでしょうか。

矯正は大人になってからでも遅くはない

矯正治療は「治療期間が長くかかる」「矯正器具が目立つ」「治療代が高い」というようなマイナスイメージが根強くあるようです。そのため、大人で歯並びが気になっていてもなかなか矯正治療をする気にならない人も多いかと思いますが、最近では医療技術の発達や、新製品がどんどん開発されていることにより、そのようなマイナスイメージを覆すようなさまざまな治療法が出てきています。

歯並びやかみ合わせを整えることは単に歯並びの見た目が良くなるだけではなく、次のようにいろいろなメリットがあるのです。

次ページ大人になって矯正治療をするメリット
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT