トランプ政権「影の大統領」バノンの影響力

ニューヨーク・タイムズ紙の社説より

国家安全保障会議(NSC)の常任メンバーとなったスティーブン・バノン首席戦略官(写真:Stephen Crowley/The New York Times)

米大統領の多くは、卓越した政治顧問を抱えていた。そうした顧問の一部は舞台裏で静かに政策を立案していたとされる。ジョージ・W・ブッシュ政権のカール・ローヴやビル・クリントン政権のディック・モリスを思い出していただきたい。

だが、スティーブン・バノンほど、自身の権力基盤を厚かましく強化した側近は、これまでいなかった。そして、ボスの名声や評価をこれほど早く傷つけた人物も、かつて見当たらなかった。

催眠術師ではなく「事実上の大統領」

バノンは右派メディアのブライトバート・ニュースを、「オルタナ右翼」煽動のためにフル活用した。選挙活動中に続き、トランプ政権でも同じ行動を繰り返している。トランプ大統領がメキシコ人やユダヤ人、イスラム教徒に厳しい態度をとっているのは、その表れだ。

トランプは、選挙人団方式による大統領当選をもたらしたマイノリティに対し、垣根を超えて手を差し伸べようとは全くしなかった。そしてバノンも、トランプがそんなことをしないよう取りはからった。

そして、国家安全保障に関連して出された大統領令の内容は、バノンが自らを単なる催眠術師ではなく、事実上の大統領と位置づけていることを示している。

1月28日に署名した大統領令で、トランプはバノンを国家安全保障会議(NSC)の常任メンバーに加える異例の措置をとった。ジョージ・W・ブッシュ大統領の最後の首席補佐官ジョシュア・ボルトンは、政治と国家安全保障は分離されるべきだとして、大統領の政治顧問だったローヴのNSC出席を禁じた。オバマ政権の政治顧問デビッド・アクセルロッドはNSCに出席はしたが、常任メンバーではなかった。

次ページヤバすぎるNSCの顔ぶれ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。