トランプ政権「影の大統領」バノンの影響力

ニューヨーク・タイムズ紙の社説より

トランプはバノンに、NSCのプリンシパル委員会への参加資格を与えた一方で、ジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長とダン・コーツ国家情報長官の2人を格下げして、NSCの常任メンバーから外した。

こうした一連の動きは、官僚的な椅子とりゲームに見えるかもしれない。しかし、NSCの顔ぶれは、戦争と平和に関するトランプ政権の決定に大きな影響を与える。国家安全保障に携わる役割を正式にバノンに与えたことで、トランプは前例を破っただけでなく、安全保障問題を政治問題化させるリスクを抱えたことになる。少なくともそうした印象は免れない。

フリン補佐官をしのぐ存在感

今回の大統領令によると、ダンフォードとコーツがプリンシパル委に出席するのは、「その責任と専門知識に関連した案件が議論される時」にかぎられる。国家安全保障に関する議論に、諜報機関や軍からの情報は不要なのだろうか? こうした職にある人々は、たとえ歓迎されなくても大統領に真実を伝えてきたのだが。

就任からの1週間を見ると、トランプが、国家安全保障の意思決定に関する基礎知識や統治についての知的な素養、そして多種多様な国家を導くものをほとんど持ち合わせていないのは明らかだ。ダンフォードのような経験豊富な当局者に教えを乞う必要がある。

だが、バノンはトランプの娘婿ジャレッド・クシュナーと並ぶ、大統領の信認の厚い補佐官として自身を位置づけ、異論を抑え込んだ。その権勢はNSCのトップであるマイケル・フリン補佐官をもしのぎつつあると伝えられている。

次ページバノンがホワイトハウスを牛耳る危険性
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT