インテルの第4四半期は前期比9.8%増収 

データセンターサービスの需要が堅調

 1月26日、米半導体大手インテルの第4・四半期(12月31日まで)決算は、9.8%の増収となった。ラスベガスで4日撮影(2017年 ロイター/Rick Wilking)

[26日 ロイター] - 米半導体大手インテル<INTC.O>が26日発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は前年比9.8%の増収となった。パソコン(PC)市場が安定化していることに加え、データセンターサービスへの需要が増加したことが追い風となった。 純売上高は163億7000万ドルと、前年同期の149億1000万ドルから増加した。トムソン・ロイターがまとめたアナリスト予想平均の157億5000万ドルも上回った。

売上高はデータセンター事業が8.4%増の46億7000万ドルに拡大。携帯電話やタブレット端末向け半導体を含むPC事業は、4.3%増の91億3000万ドルだった。

インテルはアナリスト向け電話会議で、クラウド部門については第4・四半期と同水準の伸びを見込んでいるが、法人向け部門については改善を見込んでいないと説明した。

インテルはデータセンターやIoT(モノのインターネット)のほか、自動車向けの事業を強化し、PC事業への依存度を減らしている。

一方、純利益は35億6000万ドル(1株当たり0.73ドル)と、前年同期の36億1000万ドル(同0.74ドル)から減少した。

一時項目を除いた1株利益は0.79ドルで、予想の0.74ドルを上回った。

また、第1・四半期の売上高予想については、148億ドル(プラス/マイナス5億ドル)との見通しを示した。アナリストの予想平均は145億3000万ドル。

2017年度の売上高は前年比で横ばいと見込んでいる。これについてスタイフェル・ニコラウスのアナリストのケビン・キャシディー氏は、インテルの見通しは控えめな数字であり、投資家には好意的に受け止められたと指摘した。

決算発表を受け、インテルの株価は時間外取引で2.2%高で推移している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT