「ネット依存」に陥る子どもに親ができること

中高生の約8%に依存の疑い

臨床心理士の菅野真由香さんは、当事者が「現実に居場所がない」と感じている場合、問題が長期化しやすいと指摘する。

「当事者と親の理想に大きな隔たりがある場合もあります。当事者ができていることを探して褒めてあげたり、ゲームに関する会話から始めてみたり、関わり方を変えれば、当事者が問題を意識しやすくなるのでは」

生きていてくれれば

前出のAさんは、14年11月、実家から訪ねてきた母と会った。荒れた部屋に入れるのに抵抗があり、近所の喫茶店で話した。

「『生きていてくれればそれでいいから、自分の思うように生きてほしい』と言われました。そこまで信頼してくれているのか、と思いました」(Aさん)

母親が樋口医師を訪ねたと知り、Aさんは15年2月、自分で予約を入れ、久里浜医療センターを受診した。初診時に、樋口医師と臨床心理士と2時間近く話した。

中学校が荒れていて、嫌がらせを受けた経験があること。人が信じられなくなり、不眠気味だったこと。特にやりたいことが見つからず、大学に進んで、ゲームにはまったこと、いつからか不安だったこと──。全部を話すと、これまで抱えてきたモヤモヤがすっきりした。

次の診察で、ネット依存の増加と課題を知り、「自分も臨床心理士になり、人を助けたい」と考えるようになった。

3回目の診察では、「臨床心理士になるために、大学に復学しよう」と決意し、ネットゲームから離れた。ゲーム仲間には、「忙しくなるから」と伝えた。落ちていた体重と体力を戻すため、ランニングと設営のアルバイトもはじめた。

「これだけ早い回復は珍しいと言われました。でも、最初のうちはやることがなくて、ゲーム動画を見たり、ネットも1日6時間くらいしていました。母にお礼を言えたのも、1年以上経ってからです」(Aさん)

Aさんは、現在、NIPやキャンプにメンターとして参加している。積極的になり、人と関わる仕事がしたいとボランティアもはじめた。

次ページ子を救うためのチェックリスト
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。