トルコ国会、大統領権限強化へ改憲案を承認

春にも国民投票

 1月21日、トルコの国会は、大統領に権力を集中させる内容の憲法改正案を賛成多数で承認した。国民投票で改憲が可決されれば、エルドアン大統領(写真)は2029年まで大統領職を続けられる可能性が出てくる。2016年9月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[アンカラ 21日 ロイター] - トルコの国会は、大統領に権力を集中させる内容の憲法改正案を賛成多数で承認した。これによって、改憲の是非を問う国民投票が、この春にも実施される見込みとなった。国民投票で改憲が可決されれば、エルドアン大統領は2029年まで大統領職を続けられる可能性が出てくる。

エルドアン大統領は、国家の安定の維持には改憲が不可欠と主張している。一方、独裁の強化につながるとして反対意見も根強い。

憲法改正案は国会で、定数(550人)のうち339人の議員が賛成。国民投票を実施するには少なくとも330人の賛成が必要だった。

エルドアン大統領は、憲法改正案の国会承認を受けて、支持者らを前に演説。国民投票での可決に向けて「昼夜を問わず」努めるよう支持者たちに呼び掛け、「私の国民が最終的な決断を下す」などと語った。

今回国会で承認された憲法改正案によると、大統領は政令の発布、非常事態宣言の発令、閣僚や政府高官の任命、国会の解散など、広範囲にわたる権限を手にする。大統領はまた、政党への所属も可能になる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。