ドイツから感じた、「日本型結婚式」の違和感

なぜキリスト教徒でないのに教会式なのか?

ほとんどの日本人がクリスチャンでない。いったい、チャペルで何に対して愛を誓うのだろうか(写真:ジャパン最高 / PIXTA)

入学式や成人式など、人生の節目を祝うセレモニーはいくつかある。その中でも、特に夢にあふれているのが、「結婚式」ではないだろうか。結婚式で新婦が身にまとうウエディングドレスは、「女性のあこがれ」などと言われるし、結婚式の日を「幸せの絶頂」と言い表すこともある。

結婚総合意識調査2016」(リクルートブライダル総研調べ)によると、日本の挙式実施率は67.0%、披露宴・披露パーティの実施率は58.7%で、半数以上の新婚夫婦が、公の場で結婚のセレモニーをしている。だが、日本の結婚式のあり方は、どうも首を傾げざるをえないことがある。今回は、日本の結婚式に関して、特に不思議だと思う「宗教意識」「費用」「形式」について、私が住んでいるドイツの結婚式事情と比較して考えてみたい。

日本とドイツの結婚式事情

まず、違和感を覚えるのが式の形式だ。結婚情報のポータルサイト「日本の結婚式」が行った「全国の独身男女の結婚式に関する意識調査2014」によれば、理想の挙式の形は、教会式が58.4%と圧倒的だ。続いて神前式が21.2%、 人前式が17.9%となっている。日本人の6割弱がクリスチャンということはありえないから、これは「宗教にかかわらず、チャペルで挙式したい」と考えている人が多いのだろう。

クリスチャンでもないのに、何に対して愛を約束するのだろう。結婚式の当日だけ、クリスチャンのように振る舞い、神父や牧師の下で神に永遠の愛を誓うのは、宗教意識が薄い日本人らしいやり方と言える。式場に併設されているチャペルは、宗教的意味はほとんどない。神聖なチャペルを「おしゃれな式場」として扱うのは、キリスト教に失礼ではないだろうか。

次ページドイツでの結婚式は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。