「バイオハザード」監督が語る完結までの14年

「これを観ると一作目を見直したくなる」

僕は自分がハリウッドの監督だとは思っていなくて、インターナショナルなフィルムメーカーだと思っている。だから『バイオハザード』は日本をルーツとした物語であり、監督はイギリス人。主演はウクライナ出身の女優、という映画なんだ。しかも撮影場所は、1作目はベルリン、2作目はトロント、3作目はメキシコシティー、4、5作目はトロント、そして今回は南アフリカで撮っている。一応、北米が舞台の作品だけど、むしろアメリカ以外の目から見た、よりスタイリッシュなアメリカを国際的なキャストで撮っている映画なんだ。

妻でもあるミラを撮影するのは楽しい

Paul W.S. Anderson(ポール・W・S・アンダーソン)/1965年イギリス生まれ。1993年にジュード・ロウ主演の『ショッピング』で監督デビュー。その手腕を買われ、1995年に『モータル・コンバット』でハリウッドデビュー。さらにミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『バイオハザード』を監督し、世界的な大ヒットを記録した。その他の監督作として『エイリアンVSプレデター』『デス・レース』など(撮影:今井康一)

――今回はファイナルと銘打っていますが、シリーズを振り返ってみて、どんな感想を抱いていますか。

長いストーリーを語るという点では、このシリーズはテレビドラマに似ていたかもしれない。テレビの場合は普通、時間はあるけど予算がない。映画の場合は普通、予算はあっても2時間でストーリーを語らなきゃいけないから時間がないことが多い。しかし『バイオハザード』で最高だったのは、テレビと映画、両方の世界を味わえたこと。この作品はほかのシリーズに比べてかなり時間をかけてこだわって作った。やはり最後の作品なので力強くありたかったし、それにふさわしい有終の美を飾りたいと思ったから。今回、アリスのものすごい秘密が明かされるわけだけど、きっとそれを見て、もう一度第1作を見直したくなると思う。そうなってくれるといいなと思っている。

――奥さまのミラ・ジョヴォヴィッチと撮影をするのは楽しい?

ミラを逆さづりにして、家族の問題を全部映画セットから追いやってしまうことほど楽しいことはないよね(笑)。今回の映画では、ザラザラとした、リアルな感じを残したいと思ったし、アクションもまっすぐに、スタイリッシュに撮るということを意識した。役者にとっては肉体的にすごくつらかったと思うけど、その分すごく良いものができたと思うよ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。