出世の法則!ホンダ創業者は愛嬌の塊だった

宗一郎を取材した最後の記者が感じたこと

これだけで終われば、企業トップのある日の面談にすぎませんが、“中小企業のおやじ”の真骨頂は社長が席を立った直後にありました。本当にスズキの車でやってきたかどうかを確認するため、会長自らが部屋の窓のカーテンをほんの少し開けて、駐車場から出て行く車を確認したそうです。

「本当にうちの車で来たな」

傍らの秘書にそうつぶやくと、そっとカーテンを閉めて、満足げな表情を浮かべたのだそうです。

憎めない人

『出世の法則 財界・官界のトップから日銀総裁まで』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

日々の仕事に大変厳しいという定評のある鈴木ですが、ただ厳しいだけでは人はついてきません。がみがみと叱る中でも、どこかで相手のことを思いやる姿勢を示さなければ、部下は反発を感じるだけで、「この人のために」という感情が生まれてくるはずはありません。

本田宗一郎や鈴木修を見ていると、相手の気持ちを解きほぐすような愛嬌、お茶目な人間味が、人の上に立つ者には不可欠なのだと思わずにはいられません。

「憎めない人」が、実は成功する経営者の条件なのかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT