3Dプリンタ市場が勃興、日本勢の動向は?

GEが欧州メーカーを買収、業界に再編の波も

だが現時点では、製作スピードや精度に関して課題があるのも事実だ。ストラタシスの第3四半期(2016年1〜9月)決算は、約66億円の営業赤字に沈んだ。2強のもう一方・米3Dシステムズも同49億円の赤字と、大手でさえまだ研究開発が先行し、利益が出る体制になっていない。

さらに3Dプリンタを扱う側の人のスキル不足も、ボトルネックになっている。今年11月に東証マザーズに上場した、3Dプリンタによる模型や商品の製造・販売を手掛けるJMCの渡邊大知社長は「3Dプリンタは“腕”が物をいう」と話す。

扱える人材が国内で不足

3Dプリンタを動かすには、製図のための3次元CADなどのソフトを使いこなす必要がある。その巧拙によって、製品の出来上がりに違いが生まれる。さらに国内においては、そもそも3次元のCADを使える人材が少ない。

こうした事情もあってか、国内の市場規模は2016年時点で400億円程度と、2兆円近い世界に比べてまだ小さい。

ただ、伸びが見込まれていることもあり、国内大手メーカーも動き始めている。リコーは2014年に3Dプリンタの仕入れ販売やコンサルティング事業を始め、2015年には自社製品を発売した。

キヤノンは、造形材料に現在主流の樹脂ではなく金属を使う3Dプリンタを開発中。樹脂タイプに比べて技術的なハードルは高いが、金属の部品や製品を直接作れることになり、ニーズは強い。

本格離陸前の市場で、後発組の日本勢が存在感を示せるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。