3Dプリンタ市場が勃興、日本勢の動向は?

GEが欧州メーカーを買収、業界に再編の波も

JMCは今年11月上場、医療や精密機器などの大手メーカーからの試作依頼が多いという(写真:JMC)

「現在は試作用途がメインだが、最終製品を大量生産できるレベルを目指している」

3Dプリンタメーカー世界2強の一角・米ストラタシス日本法人の片山浩晶社長は、業界の将来像を熱く語る。

同社は11月に独シーメンスとの提携を発表し、航空宇宙や自動車分野などでの開発に3Dプリンタを活用していく。今年は米ゼネラル・エレクトリック(GE)も、欧州の3Dプリンタメーカー2社を買収。業界内はにわかに慌ただしくなってきた。

2020年には4兆円市場に

3Dプリンタは、樹脂や金属を塗り重ねることで立体的な造形物を作り出す。2013年にオバマ米大統領が一般教書演説で「物の作り方を革命的に変える」と言及。世界の市場規模は2016年の約1.8兆円から2020年に約4兆円まで、倍以上の成長が見込まれるという(IDC Japan調べ)。

3Dプリンタのメリットは、多品種少量生産に対応しやすいことだ。1台あれば、入力データを変えることでさまざまな形状の物を作ることができる。たとえば医療分野では、手術前に一人ひとりの臓器の模型を作り、シミュレーションを行うといった利用法が考えられる。

次ページ3Dプリンタの課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT